(^o^;)アンドリュー・毛ソンの「自庭暴露」シリーズ
ユリのそなた2
&つゆのサナカに咲いたほかの花達
(-_-;)写真重たいけどよろしく。

化け物のようにでかいユリもいいが、本来の私の好みは楚々たる風情の小百合(さゆり)ちゃんなのじゃ(^^;)☆\バキ
「さゆり」そのものを指すと思われるササユリ、ヒメサユリ(オトメユリ)は秋田には自生していないが、コオニユリやクルマユリはちょっと山間に行けば豊富に見られる。これら野の小百合ちゃんは人様の庭ではよく咲かないと聞いているが、実際のところはどうなんだろ。
去年の秋、たまたまコオニユリの球根を入手したので、まずは植えてみた。
球根は小さく、ほんの3センチ程度
モ庭に咲くコオニユリ 。
左端の花はオシベメシベを欠いている。
2004/07/19
花の色形はオニユリと全く同じだが、
花は小型で葉腋にムカゴが出来ない。
茎もほっそりしている。
7月中旬、蕾が色づき出した頃、夜回りしてたら、ヨトウムシが蕾に喰らいついているのを発見。ただちにハンドフォースで応戦したが、時既に遅し。蕾の多くに穴を空けられ、中のオシベメシベを喰われた後だった。(T_T)

アリーナは引っ越した当初から植えっぱなしにしている。ヤマユリとカノコユリの合いの子のような小粋で愛い奴。
ユリ 'アリーナ'
2004/07/18
落葉性のアガパンサスが咲き出した。
こちらの花色は濃い青。地植えして3年目くらいか。
左後ろのユリはアリーナ。右奥にイエローカサブランカ。
2004/07/24
そういえば、この撮影のすぐ後、うちの庭に
Tさんがお見えになったのじゃった。

真夏以降も別のユリが咲く予定になっているが、今回はここまで。


つゆのサナカに咲いたほかの花達


カンパヌラ・ラプンクロイデス
Campanula rapunculoides
この仲間では珍しく耐暑性があり、よく増える。
2004/07/04
カワラナデシコ Dianthus superbs var. longicalycinus
ずっと昔、ようちゃんから貰った花。
2004/07/04
以下、私のG(ガールじゃなくてガーデニング)フレンズから最近貰った花達を紹介。
ヤグルマギクの一種 Centaurea phrygia
from 蛙の庭番さん
褐色の毛で被われた総苞がユーモラス。Tさんの庭にも咲いていた。

2004/07/11
ジギタリス・ドゥービア Digitalis dubia
from はまうつぼさん
丈は40センチ程度と低く、全体白っぽい。
2007/06/06
アガスターシェ 'アプリコットスプライト'
Agastache aurantiaca 'Apricot Sprite'
CRLさんから貰ったヘリオフィラ
Heliophila coronopifolia (syn.Heliophila longifolia) 。
2004/07/04
オキザリス・ロゼア Oxalis rosea
from CRLさん
一見、庭の大敵カタバミのようだが、花はピンクで可愛らしい。
小葉は3枚。雑草化するかどうかは不明。
2004/07/04
アガスターシェ 'アプリコットスプライト'は昨年の夏、関西で見て以来、欲しくて欲しくてたまらなかった花である。
昨年の秋、Tガーデンに行った際、岩手県でビニポット苗を購入、冬場は半室内に置いたのだが、生き残ったのは三分の一だった。
ヒメヤブラン Liriope minor
from CRLさん
元々、日本に広く自生するユリ科のミニ野草。
花の丈はわずか数センチ。
花が咲くと宝石が散らばってるようだ。
夏場のグランドカバーとして見直したい。
2004/07/24
クロモウズイカ Verbascum nigrum
from ブーママさん
こちらの背丈は2メートル近くなった。
土地の広い方は大量に植え、林立を愉しむとよい。
2004/06/27


最後に梅雨末期の庭
2004/07/19
今年の梅雨明けは7月21日だった。急に空が晴れ渡り、半月ぶりに青空を見た。(^^♪
ここ数年、秋田ではいつ梅雨が明けたのかわからない状況が続いているが、今回は誰が見てもハッキリ分かる梅雨明けだった。
明けたのはいいのだが、問題はその後の暑さ・・・(^^;)これが凄まじいんだ!
(T_T)本スレの中ほどに名前の出ているCRLさんが昨年末(2006年11月8日)、急逝されました。
同氏とは、本サイト草創の頃、或いはそれ以前のパソコン通信の時代からのお付き合いでした。植物や語学に深い造詣と愛情をお持ちの御方で、折りにふれ、私もアドバイスを頂いたり、珍しいタネを分けて頂いたりしておりました。
CRLさんの生前のご厚情に感謝しつつ、そのご冥福を心よりお祈り申し上げます。
2007/01/14追記
モウズイカ

その後のモ庭(葉自棄&塩枯れポート1)に行く
モガ狂トップに戻る

(本頁は2004年8月7日にアップしました。)