初秋こそ水に花


お盆以降はどこの山も寂しくなる一方ですが、ここ焼石岳は少し様相が違います。
逆に賑やかになる
のです。
中沼や登山道の両側の湿った場所は、ミズギクやトウゲブキが黄金のカーペットを敷いたように咲き乱れます。
これに紫のコバギボウシが加わったカラー・ハーモニーは実にみごと。
花のボリュームは、全シーズンを通じて、この頃が最多かもしれません。

ミズギク Inura ciliaris の大群生。中沼にて。1987/08/15
トウゲブキとミズギク
1992/08/11
これこそ黄金ロード!
黄のミズギクやトウゲブキ、紫のコバギボウシで埋まってる。
1987/08/15

湿原の至るところで、ニョキニョキ、くすんだピンクの穂花が立上がってます。
これはオニシオガマと言うシオガマギクの一種で、きれいと言うよりも、グロテスクな感もありますが、
他の山ではあまり見られない代物なので、しっかり見ておきましょう。

オニシオガマ Pedicularis nipponica の群生。羊歯のような葉が見えます。
1993/08/24 
トウゲブキとオニシオガマ Pedicularis nipponica    
これは中腹から山頂まで分布します。1991/08/23
上沼。手前のピンクはオニシオガマ。
1994/08/22
南本内岳山頂近くのオニシオガマ群生。左のピークは三界山。
1993/08/24

チョウジギクはオニシオガマやキヌガサソウ同様、日本海側に特有なフロラです。

チョウジギク Arnica mallotopus (上沼にて)
他にゴマナやオニシオガマも咲いてました。
1994/08/22
チョウジギクの花アップ(中沼にて)
1991/08/23

これでも一応ウサギギクと同じ仲間とのこと。

アザミやトリカブトが咲き出すと、秋だなと感じます。

中沼にて。
1991/08/23

オクトリカブト Aconitum japonicum 
1991/08/23


サラシナショウマ Cimicifuga simplex
1994/08/24


ウゴアザミ Cirsium ugoense とオクトリカブト。中沼にて。
1994/08/22

春から秋まで花の途切れることの無いワンダーランド「焼石」の花旅も終わりに近づきました。


いよいよ最後です。「おわりに&リンク」に行ってみましょう。
トップページに戻る