焼石、そして
リメイク版
その五

山頂に秋風立てば
お盆も過ぎると、焼石岳の山頂付近はさすがに寂しくなってきます。
南本内岳から経塚山方面を望む。
1993/08/23

エゾリンドウ Gentiana triflora var. japonica  (エゾオヤマノリンドウの可能性もあります。)
1991/09/01

ミヤマリンドウ Gentiana nipponica 
ミヤマキンバイの葉はもう赤くなってきた
1993/08/24

この時期、目に付くのは、リンドウ類やコバギボウシなど紫系の花ばかりですが、
足元をよく注意して見ると、タカネセンブリがいっぱいあることに気付きます。
かつてこの花は焼石岳特産とみなされ、ヤケイシセンブリと呼ばれた時代もありましたが、
現在ではタカネセンブリに含められています。
それでも、他の山では滅多にお目にかかれない花なので、しっかり見ておきましょう。
タカネセンブリ Frasera tetrapetala ssp. micrantha (中央と右)は
高山植物には珍しく二年草。
青い花はミヤマリンドウ 1993/08/24
トモエシオガマ Pedicularis respinata var. caespitosa
上の白花はウメバチソウ Parnassia palustris
1993/08/24
両方とも山麓から山頂まで広く分布してます。
コバギボウシは中腹でも豊富ですが、
南本内岳山頂直下の群生は特ににお見事。まるで絵葉書を見てるようです。
8月のコバギボウシ Hosta albo-marginata 群生。
右のピラミッド型の山は三界山。左手、遠くに鳥海山も見える。
1993/08/24
本写真は拙著「モウズイカのガーデニング狂時代」の118頁でも使用してます。

こではキンコウカや他の花も負けていません。
キンコウカ Narthecium asiaticum の群落。
オニシオガマやイワショウブ Tofieldia japonica (白)も混じっている。
1993/08/24

南本内岳と焼石岳の間にけっこう大きな沼を見つけました。
しかし地図には名前がありません。
南本内岳山頂近くの沼。背景の山は西焼石岳。
1993/08/24

三界山のアップ。
1991/09/01

次は中腹の森をまた訪ねてみましょう。

森の楽しみ2/晩夏編
湯田コースでは、新倉沢を渡る前後に素敵なブナ林があります。
新緑の頃もいいのですが、晩夏に訪ねても、なかなか気分のいい林です。
南本内岳新倉沢付近のブナ林 1993/08/24

林の縁ではいろんな花との出会いがありました
ジャコウソウ Chelonopsis moschata 1991/08/24

ソバナ Adenophora remotiflora
1991/08/23

ツルニンジン Codonopsis lanceolata
1994/08/22

コイチヨウラン Ephippianthus schmidtii
1991/08/23
アケボノシュスラン Goodyera foliosa var. laevis
1991/08/24

初夏に咲いたツバメオモトやタケシマランが実をつけてました。
どちらも花は地味ですが、実はきれいでよく目立ちます。
ツバメオモトの実
1993/08/24

タケシマラン Streptosus streptoides var. japonicus の実
1992/08/11

降りる方向を指図してるような古木。
ただしこの通り、降りたら、(^^;)大変なことになる。
これはブナではなくミズナラのようです。南本内岳にて。
1993/08/24

次は「初秋こそ水に花」です
トップページに戻る

(本頁は2010/08/15にアップしました。)