銀明水に遊ぶ


銀明水はとても美味しい水がコンコンと岩の間から涌き出る場所です。
ここには山小屋もあります。
登山者の多くはここでほっと一息、背中の荷を降ろす場所でもあります。しかも、ここは焼石岳でも屈指の花の名所でもあります。
標高は1100mと少し。本来なら、まだ鬱蒼たる樹林帯の筈ですが、
さ〜すが焼石岳!
とその特殊性がいかんなく発揮されている場所でして、
ブナ帯の花と亜高山帯(ダケカンバ帯)の花、更にはそれより高所に位置するはずの雪田の花までが入り交じって咲く不思議なスポットなのです。

銀明水とはこんな場所。腰掛けの右側繁みに水場があります。
1990/06/23
ダケカンバの樹と横岳の稜線を望む。
1989/07/15

従って、花の種類はとても豊富です。
何故そうなのか。
それを解く鍵は、目前に仰ぐ横岳斜面の雪渓と豊富な雪融け水にありそうです。
そのお陰で6月から9月まで、間断無く花が咲き続けます。
春のイメージ、ミズバショウやリュウキンカ、梅雨のイメージのアヤメ(ヒオウギアヤメ)がナント8月になっても残ってるし、
ヒナザクラなど雪田の花も秋近くまで咲いてます。

量的には黄色い花が豊富で、まずはリュウキンカ。

リュウキンカのアップ。1992/06/27

続いて咲く黄は・・・。

ミヤマキンポウゲ
Ranunculus acris subsp. subcorymbosus var. nipponicus
1990/06/23

ミヤマキンポウゲの群生。
バックの山は左:天竺山、右:経塚山。
1990/06/23

小さな黄の間に大きな黄を見つけました

シナノキンバイとミヤマキンポウゲの群生。
天然の『イエロー・ガーデン』です。
1992/07/29

ミヤマキンポウゲとシナノキンバイ。
各々単独では区別しにくいのですが、このように一緒に咲くとその違いは一目瞭然。
前者は黄色く光沢のある花弁の外側に「がく」がある。後者は花に光沢が無くて、外に「がく?」が無い
(厳密にはシナノキンバイの花弁のように見えるのは、実は「がく」で本物の花弁はオシベのように変化している)

シナノキンバイ Trollius riederianus var. japonicus 
きれいな黄色の花びらは「がく」なのです。
1992/07/29
シナノキンバイのアップ。
花の中心にある橙色のオシベのようにものが花弁。
1992/07/29

シナノキンバイは日本アルプスでは白のハクサンイチゲとよく一緒に咲いていますが、
ここ焼石では咲く場所が別々です。丈も50センチから1mと高く伸び、日本アルプスのそれとは別種のようです。

次はシナノキンバイにヒオウギアヤメが混じって咲く珍しい花風景。

シナノキンバイとヒオウギアヤメ
1992/07/29

これはウサギギク。

ウサギギク Arnica unalaschcensis var. tschonoskyi
白いセリ科の名称は不明。1992/07/29

近くでは他に黄色のオオバミゾホオズキも見かけました。
これにトウゲブキや後で出てくるミズギク、ミヤマアキノキリンソウなどを加えると、この山は黄色い花が異常に豊富です。
ただ不思議なことに湿った高山に一般的なニッコウキスゲ(橙黄色)がありません。近隣の和賀山塊や秋田駒、鳥海などでは豊富なのですが、この焼石と早池峰には何故か産しないのです。

なおここ銀明水には暦の縛りはありません。
下界のカレンダーでは、6月だろうが、8月だろうが、ここでは雪が融けた時が春。
早かろうが遅かろうが、春は春なのです。
この論理が理解できた方は真夏の山頂に駒を進めましょう。


次は「8月婆さん復活」です。
トップページに戻る