2012年真夏の北海道ガーデン紀行
初めて訪ねた十勝千年の森(後編)

千年の森には花咲く庭もあった。
ただしそれは途方もなく広い。
ダン・ピアソン氏がプロデュースした「メドウ・ガーデン」。
クガイソウ

ワレモコウ。ピンクタンナだろうか。

ここにもペルシカリア・アンプレクシカウリスがいっぱい。

ペルシカリア・アンプレクシカウリスとタリクトルム・デラバイ でかいヒヨドリバナ。
ユーパトリウム・マキュラーツム `アトロプルプレウム'

巨大な豆の鞘を発見!
たぶんムラサキセンダイハギだろう。
マツムシソウも巨大化している。
セファラリア・ギガンティア Cephalaria gigantea
丈は2mを超えていた。狭い庭で飼うのは難しい。

ペルシカリア・アンプレクシカウリスの白花品種とフロックス・パニキュラータ。

ペルシカリア・アンプレクシカウリスをバックに
濃いピンクのアスチルベが咲き残っていた。

カライトソウも参戦。


エリンジウム・アガヴィフォリウムだろうか。
およそセリ科とは思えない草姿。
このグラスは何だろう。

樹音さん、IDUさんによれば、
カラマグロスティス‘カールフォスター’ Calamagrostis × acutiflora ‘karl Foerster’ではないかとのこと。
撮影中、ついに雨が降り出した。
最後に見過ごしていたぴぴっとガーデン(子供の庭)を。
このかまくら様の小屋は生きているヤナギの木を編んで作ったもの。

久しぶりに見たヒモゲイトウ 葉の縞がとても綺麗なトウモロコシ

またいつか。 (´π`;/~~

本シリーズのトップはこちら(上野ガーデン)
モガ狂トップに戻る
管理者注:本頁の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
(本頁は2012年10月6日にアップしました。)