2010年初秋の北海道シリーズ
アコガレの「風のガーデン」に憩う/ビタミン秋色編

2010年9月18日。アコガレの「風のガーデン」にやって来た。
新富良野プリンスホテルの脇にある小屋で入園受付を済ませ、送迎車(ボンゴ)を待つ。
ガーデンはこのゴルフコースの奥の方にある。
ボンゴに揺られて数分((^^;)歩いても十数分程度)
ゲート近くで最初にお出迎えしてくれたのは
アカマンマ(イヌタデ)
これは植えたものではないようだ(北海道在来種)。
ガーデンで最初に目に入ったのは、
またまたタデ科。
ペルシカリア・アンプレクシカウリス Persicaria amplexicaulis

凄い大株だ。
昨日の上野ガーデンに較べたら、開花中の花は多かった。
ただしテレビドラマ「風のガーデン」で花言葉とともに紹介された花たちこちらの下半分参照)はほとんど咲いてなかった。
ドラマのロケ時期とは季節がずれているので、それはしょうがない。
この頁では、今咲いている花たちの中で、タミン秋色を感じさせる花たちのコンビネーションを紹介してみる。
ヘレニウム・オータムナーレ(ダンゴギク) エキナセア
三尺バーベナ Verbena bonariensisとサクシサ・プラテンシス ペルシカリア・アンプレクシカウリスとサクシサ・プラテンシス
サクシサ・プラテンシス Succisa pratensis とルドベキア・トリローバ `タカオ'
ルドベキア・トリローバ `タカオ' Rudbeckia triloba `Takao'
ヘレニウムと並び、今の季節の主役になっていた。
ルドベキア・トリローバ `タカオ'
とユーパトリウム・マキュラーツム `アトロプルプレウム'
Eupatorium maculatum `Atropurpureum'
ペルシカリア・アンプレクシカウリスとユーパトリウム・マキュラーツム `アトロプルプレウム'
ルドベキア・トリローバ `タカオ'ほか これはアブラガヤ(北海道在来種)だろうか。
グリーンハウスが見え隠れ
左の斑入りはフロックス・パニキュラータ `ノラ・リー(レイ)'
ユウゼンギク ヘレニウムと デスチャンプシア・カエスピトーサ Deschampsia caespitosa
凄く秋っぽい取り合わせだった。
こんもりと咲くルドベキア
グリーンハウスがだいぶ近づいて来た。
ミズヒキの斑入りかと思ったが・・・
本ガーデン解説書には、Tovara virginiana `Variegata' (北米原産)
と紹介されていたが、何のことはない。
Tovara virginiana とは日本のミズヒキのことではないか。
(^^;)こちらはルドベキア

手前はサクシサ・プラテンシス
いよいよグリーンハウスの中に入ってみる。
次(パステル秋色編)へ行くよ〜
トップページに戻る
管理者注:本頁の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
(本頁は2010年11月6日にアップしました。)