嗚呼。安の滝/春・夏編2

斜面を少し駆け上がると、前頁冒頭と同じ風景になる。
安の滝・上段の滝を望む。左の細い滝は白糸の滝orソーメン滝と呼ばれる。
1990/05/13
ソーメン滝に近づいてみた。
1990/05/13 1990/05/13

1990/05/13 1990/05/13
上段の滝の水量はとても豊富。水しぶきが凄くて、滝つぼには近づけなかった。
滝の上やその向こうはどうなっているんだろう。

上段の滝の右の方にも、ソーメンのように水の流れる滑り台があった。こちらは融雪期と雨後は滝に変身する。

5月中旬だが、滝周辺の春はまだ浅い。
キタフキ  1990/05/13

エゾノリュウキンカもまだ初々しい。
1990/05/13


一転して、今度は晩夏(厳密には初秋)の安の滝
水量はだいぶ減っている。
1990/09/08

滝の上に人影のようなものが・・・

私の目の錯覚だったのかな?

岩棚の下に見えるのは、ダイモンジソウか。
1990/09/08
な(^o^;)なんと
この滝の頭部に立ったり、更に上流を探検した人が居るらし〜!
詳しくはNPO森吉山ネイーチャー協会中の又渓谷Photo Galleryの中ほどと「扉のページにようこそ」こちらを参照のこと。
あまりにも凄い場所なので、戻れなくなっても知りませんよ〜。

夏の終わりに咲いてた花を少しだけ。
トリカブトの一種
ツルニンジン クロバナヒキオコシ

安の滝が最も素晴らしく輝くのは、もうひと月半後(10月中〜下旬)。
機会あらばそのうちお目にかけませう。
次(錦秋編)行くよ〜
裏庭トップページに戻る
管理者注:本頁の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
(本頁は2006年9月16日にアップしました。)