2013年ロンリーハーツ植物紀行
今年(2013年)は見ないだろうと思っていた野花6/秋の低山編

秋になると不思議なもので、夏場は鬱陶しい草薮だったところにも、ちらほらと花を見かけるようになる。
ツユクサはうちの庭では雑草として抜かれるが、天然のものは素晴らしい。青花の中の青花、最強の青花ではないかと思う。
場所によっては、こんなふうに群生することもある。
ツユクサ 9月上旬、東成瀬村にて。
近くで見た花
たぶんニガクサ こちらはゲンノショウコ。9月中旬、由利本荘市にて。
秋田のゲンノショウコの花色は白ばかり。このようなピンクは珍しい。

ツリフネソウもよく群生する。
ツリフネソウ。9月中旬、由利本荘市にて。

キツリフネはやや寂しげな印象。
キツリフネ。9月上旬、東成瀬村にて。 アケボノソウ。
9月中旬、由利本荘市にて。
同じような場所(湿った林の縁など)にはアケボノソウも生えている。
遠目には地味なので見過ごすことも多いが、近寄って上から見ると、けっこう美しい。
アケボノソウとヒヨドリバナ。9月中旬、由利本荘市にて。
今まで紹介した草花のうち、ツユクサとツリフネソウ、キツリフネは一年草。アケボノソウは二年草とのこと。
日本在来の野草全てが多年草とは限らない。

林の暗がりにニョキニョキと立つ異様な物体は
オオウバユリの若い実。9月上旬、東成瀬村にて。
花はこちら。成熟した実はこちら

メハジキ(シソ科)は秋田ではあまり多くないのだが、有る所にはいっぱい有る。

メハジキ。9月中旬、由利本荘市にて。
丈は2mに達するものもあるかと思うと、20センチ程度で咲くものも有る。
遠目にはヨモギみたいだが、近寄ってみると葉や花のつき方が面白いし、花もけっこう綺麗。
昔、セイヨウメハジキ Leonurus sibiricus を庭で栽培していた時期もあった。参考 http://homepage3.nifty.com/mouzuika/shesawp1.htm


秋はシソ科の仲間が多い。
キバナアキギリは林の下に多く、スギ林のように暗い場所にも進入している。
キバナアキギリ。9月中旬、由利本荘市にて。これでもサルビアの仲間。
キバナアキギリのアップ。
9月中旬、由利本荘市にて。
ナギナタコウジュ。
9月中旬、にかほ市にて。
この草は道端や畑の中などにも多い。
シソ科は他にヒキオコシやヤマハッカ、カワミドリなどもあるが、今年は見逃してしまった。

今回は旧・由利地方で見た花が多いので、同時期の鳥海山を。
9月中旬、由利本荘市から見た鳥海山。

9月中旬、にかほ市上坂付近から見た鳥海山。

10月に入ると、(秋田の野山に)花はめっきりと少なくなる。代わりに紅葉がさかんになる。
ヤマラッキョウ。
10月中旬、大仙市某湿原にて。
エゾリンドウ。
10月中旬、大仙市某湿原にて。


次(イネ科)行くよ〜
裏庭トップに戻る
モガ狂トップに戻る
管理者注:本頁の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
(本頁は2014年3月1日にアップしました。)