2013年ロンリーハーツ植物紀行
今年は見ないだろうと思っていた
野花2(6月の深山、高所編)

今年の秋田は連休明け以降、6月いっぱいまで、晴天が続いた。おかげで今年は見ないだろうと思っていた野花に多数遭遇できた(低地編はこちら)。
本頁では秋田県の高山中腹、標高1000mくらいのところで見た花シーンを取り上げてみる。なお下界では6月といえば、もはや夏の様相だが、
高所ではやっと春になったばかりというところも多かった。

まずは鳥海山の初夏姿から。
由利本荘市猿倉付近から望む。6月上旬。

1000メートルくらいの高さまで駆け上がると・・・
ブナは新緑が真っ盛りだが、地面はまだ厚く雪に覆われている。
それでも花は咲いていた。
たぶんタムシバだろう。
タムシバの近くには必ずと言っていいほど、ムラサキヤシオの花を見かける。
ムラサキヤシオ 鳥海山にて。
他にはムシカリ(オオカメノキ)やマルバマンサクの花も見かけたが、今回は省略。

秋田駒ケ岳に向かう道路の縁で見慣れぬスミレの大群に出会った。
ミヤマスミレ 秋田駒ケ岳にて。
ミヤマスミレ コバノトネリコの花と思われる。栗駒山にて。
この白いケモケモ花は何だろう。
コバノトネリコの花と思われる。栗駒山にて。

タニウツギはけっして「見ない」花ではない。
秋田では下界にもいっぱい有り、いやでも目に入る花。当たり前すぎて撮影する気にもなれないのだが、
高所で出会うとピンクが濃くてドッキリしたりする。
タニウツギ 栗駒山にて。
タニウツギ 栗駒山にて。
次のウラジロヨウラクの隣で咲いていた。
ウラジロヨウラク 栗駒山にて。
他にも花のきれいな樹木がある。
ウラジロヨウラクとサラサドウダン。ともに園芸シーンでも使われる。
サラサドウダン 栗駒山にて。
樹下の地味な花たち
ツマトリソウとゴゼンタチバナ  八幡平にて。
タケシマラン 鳥海山にて。 エゾハルゼミ
新緑の頃、ブナ林では蝉がけっこうけたたましく鳴いている。
その正体はエゾハルゼミだと以前から知ってはいたが、その姿はまだ見たことがなかった。
今回、森吉山山麓の渓流を散策していたら、ゲッという声とともにセミが草叢に落ちて来た。よく見ると羽が傷んでいてこれ以上は飛べない模様。
エゾハルゼミってこんな蝉だったんだ。

高所湿原の花
タテヤマリンドウ 栗駒山にて。

コイワカガミ 栗駒山にて。
この株は随分と鮮やかなピンクだ。近くに純白もあった。
最後にラン科
ノビネチドリ 乳頭温泉にて。 ノビネチドリ 森吉山麓にて。
ノビネチドリはブナ林のやや湿った場所などで見かけるラン。
ハクサンチドリのように多産しない。一回の山歩きで一度でも出会えたら由としよう。

7月になってまもなく、鳥海山の東山麓を彷徨っていたら、ニッコウキスゲを見つけた。
東山麓には無いものとばかり思っていただけに、個人的にはプチ新発見。
撮影していたら、カミナリが鳴り始めた。撮影後には大粒の雨が・・・。
この日を境に秋田は約一ヶ月にわたる長〜い雨季に突入。野花巡りもしばし休止。

次(シラネアオイ or 野花3行くよ〜
裏庭トップに戻る
モガ狂トップに戻る
管理者注:本頁の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
(本頁は2013年8月10日にアップしました。)