2019年ロンリーハーツ植物紀行
5月22日、八塩山と東光山(アズマシロカネソウとシライトソウ)

由利本荘市の低山、八塩山には4月23日、イワウチワを見に来ている(記録はこちら)。
約ひと月後の5月22日は、サンカヨウや昨年(記録はこちら見逃がしたアズマシロカネソウを見るため訪ねてみた。

早朝は濃霧で何も見えなかったが、八塩山の登山口、旧・東由利町に着いたら、急に晴れ出し、
八塩山と鳥海山の両方が並んで見えた。
旧・東由利町から八塩山と鳥海山。

八塩山頂からはさぞかし雄大な鳥海山が見えるだろうと期待して八塩山に向かう。

八塩ダム湖から八塩山を望む。

今回は尾根の直登(鳥居長根コース)ではなく、谷あいを進む風ぴらコースを選択。

コース分岐 風ぴらコース。
こちらはまだ残雪が有った。

ほどなくしてサンカヨウの群生地に到着。

サンカヨウ Diphylleia grayi

サンカヨウは前日、少し雨が降ったので透明花を期待したが、
透明になる前に花が傷んでしまったようで、咲きっぷりはあまり良くなかった。

もうひとつの目的花、アズマシロカネソウは・・・

アズマシロカネソウ Dichocarpum nipponicum

アズマシロカネソウ Dichocarpum nipponicum

他の花たち。
ミヤマカタバミ Oxalis griffithii オオイワウチワ Shortia uniflora
の花後の姿

暗い林の中に咲いていたのは・・・

イチヨウラン Dactylostalix ringens

けっして珍しいランではないが、見逃してしまうことが多く、これを見つけたときは小躍りしてしまった。

深山林道から山頂台地にかけては樹木の花が多かった。

オオカメノキ Viburnum furcatum

アオダモ(コバノトネリコ)
Fraxinus lanuginosa f. serrata
だろうか。
ムラサキヤシオ Rhododendron albrechtii

ウリハダカエデ Acer rufinerve
だろうか。

天女の羽衣のようなものの付いてる木は何だろう。

タムシバ Magnolia salicifolia

あとでタムシバの木と判明。冬の間、芽を保護していた鞘の名残だろうか。

山頂台地に到着。ここのブナ林はいつ来ても素晴らしい。


山頂からの鳥海山は残念。
昼飯を早く食べたりして、40分くらい待ったが、雲は取れてくれなかった。(T_T)

鳥海山展望所から。

皮肉なことに下山したら、雲が取れていた。

旧・東由利町から八塩山と鳥海山。



八塩山に登ったあと、時間が余ったので近くにあるより低山の東光山へ。

旧・大内町から見た東光山

今頃の時期、花は何も無いだろうと思っていたが、
登山口から歩き出してほどなく遭遇したのは、
ヒメシャガ Iris gracilipes

次いで、中腹まで行ったら、意外な花に遭遇。

シライトソウ Chionographis japonica

シライトソウは秋田では珍しい。おそらくこの山あたりが分布の北限かなと思う。

最後に東光山から下りたあとに見た鳥海山。


次(禿岳)へ行く。
裏庭トップに戻る
モガ狂トップに戻る
管理者注:本頁の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
(本頁は2019年8月2日にアップしました。)