2019年ロンリーハーツ植物紀行
5月18日、山伏岳の下りと山麓の眺め

(本頁は「5月18日、神室山を見たくて、山伏岳へ。」の続きです。)

いつもならば南側の虎毛山(1433m)も好い眺めなのだが、今日はちょっと霞んだ感じだった。
最初に登ろうとした禿岳も雲が取れ、虎毛山の右奥に見えるようになっていた。

南側、虎毛山方面の眺め。右奥に禿岳。

山頂で見た花。
ヒメイチゲ 笹の花

そろそろ下山だ。
下山途中に見た虎毛山。左に伸びた稜線は須金岳。

下山途中に見た高松岳。

下山途中に見た栗駒山。左に小安岳。

下山途中に見た小安岳。

下山途中に見た焼石岳。左下に川原毛硫黄山。

川原毛硫黄山。その向こうに兜山と皆瀬ダム湖。

根開き ブナの木

高松岳

あっという間に登山口、川原毛硫黄山へ。
折角なので、ここも少し眺めて行く。
川原毛硫黄山


川原毛硫黄山から兜山方面を望む。

ゴヨウマツ(ヒメコマツ) Pinus parviflora とタムシバの群生

タムシバ

タムシバ サンカヨウ

下山後、隣接する高松岳の登山口を通ったら、そこにはいろんな花が咲いていた。

オトメエンゴサク(エゾエンゴサク)?とキクザキイチゲ

オトメエンゴサク(エゾエンゴサク)? エンレイソウ

スミレサイシンとオオバキスミレ

キクザキイチゲ

山伏岳の山麓には他にもいろいろな見所があった。

兜山(中新田集落から)

小安岳と高松岳(中新田集落から)

山伏岳(中新田集落から)


へ行く。
裏庭トップに戻る
モガ狂トップに戻る
管理者注:本頁の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
(本頁は2019年7月26日にアップしました。)