2017年ロンリーハーツ植物紀行
8月6日、姥石平は二度目の花盛りだった。

(本頁は「8月6日、(焼石に)ハクサンイチゲは二度咲く。」の続きです。)

あまり知られていないが、九合目・焼石神社より下、東成瀬ルート沿いの斜面(仮に「秋田斜面」と呼ぶ)にも花が多い。
しかも今まで出ていない花がワンサカ咲いている。同じ山なのに何故こうなったのだろう。
九合目から秋田側を望む。

秋田斜面に多いのはタカネナデシコ、そしてイワオウギ。
特にイワオウギは東北地方では珍しく、此処と和賀山系ぐらいかもしれない。
タカネナデシコ Dianthus superbus var. speciosus タカネナデシコの白花

タカネナデシコと
カンチコウゾリナ Picris hieracioides var. alpina
イワオウギ
Hedysarum vicioides subsp. japonicum var. japonicum

イワオウギ Hedysarum vicioides subsp. japonicum var. japonicum の群生

他にも変わった花が目白押し。
昨年の盛夏に訪ねた真昼岳のお花畑(こちら)を思い出させるようなフロラだ。
ハクサンサイコ Bupleurum nipponicum
とタカネナデシコ
オオレイジンソウ Aconitum umbrosum
手前のボケた花はハクサンフウロ。

トリカブトの一種 マルバダケブキ Ligularia dentata

にも述べているように秋田斜面では、よく似たトウゲブキとマルバダケブキが一緒に生えている。
クガイソウやオニシモツケが多いのも特徴的だ。
クガイソウ Veronicastrum japonicum やオニシモツケなど。
バックの山は焼石岳山頂。

タマガワホトトギス Tricyrtis latifolia タカネセンブリ Swertia tetrapetala subsp. Micrantha
かつてはヤケイシセンブリと呼ばれ、特産種とされた。


秋田斜面の次は南本内岳の手前にある名無し沼まで寄り道してみる。
この沼の畔にクガイソウのみごとなお花畑があった。
クガイソウ Veronicastrum japonicum やオニシモツケ、トウゲブキなど。


クガイソウ Veronicastrum japonicum

クルマユリ Lilium medeoloides ミヤマリンドウ Gentiana nipponica

その後は笹薮を少し掻き分けて花のメッカ、姥石平へ。
6月(こんな感じ)とはだいぶ雰囲気は違うが、花はけっこう咲いている。

今の季節はギボウシの仲間(オオバギボウシとコバギボウシ)が多く、
それらにトウゲブキやハクサンシャジン、ハクサンフウロ、クルマユリなどが混じっている。


ハクサンフウロ Geranium yesoemse var. nipponicum

ここにも二度咲きのハクサンイチゲが有った。
ハクサンイチゲ Anemone narcissiflora var. japonica とハクサンフウロ。

チクチク痛いのはウゴアザミ。
オクキタアザミはトウヒレン属であり、痛くない。
ウゴアザミ Cirsium ugoense オクキタアザミ Saussurea riederi var. yezoensis f.japonica
鳥海山と焼石岳だけに分布と聞く。

姥石平を振り返る。


次(8月27日の焼石)へ行く。
裏庭トップに戻る
モガ狂トップに戻る
管理者注:本頁の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
(本頁は2017年9月8日にアップしました。)