2017年ロンリーハーツ植物紀行
8月6日、(焼石に)ハクサンイチゲは二度咲く。

8月6日は今年四回目の焼石岳。
今回は姥石平や山頂付近のお花畑が真夏になり、復活したかどうかの確認、
また可能ならばハクサンイチゲの二度咲きを見たいと思い、中沼コースから登ってみた。
天気は秋田側は晴れていたが、岩手側は雲がかかっており、景色はさっぱり見えなかった。
いつもなら中沼からはゆったりとした横岳の姿が見えるのだが、今日は何も見えなかった。しかし沼の畔は黄色い花に覆われていた。
中沼のトウゲブキ群生

トウゲブキ Ligularia hodgsonii この沼には、
ドクゼリ Cicuta virosa もやたらと多い。

オミナエシかと思ったら、
マルバキンレイカ Patrinia gibbosa だった。
ショウキラン Yoania japonica の咲き残り。
白神岳(こちら)に較べたらしょぼいが、焼石でも遭遇した。

上沼付近もトウゲブキが多かった。
上沼

その後は小湿原と広葉樹林が交互に。
ツルアリドオシ Mitchella undulata

銀明水付近まで登ると新顔が増えて来る。
サンカヨウ Diphylleia grayi の実 地味な花だが、
アラシグサ Boykinia lycoctonifolia
ミヤマキンポウゲと一緒。大雪山でも多く見かけた。

シナノキンバイ Trollius japonicus
とミヤマキンポウゲ Ranunculus acris var. nipponicus
遅咲き組の
ヒオウギアヤメ Iris setosa

この山ではシナノキンバイとヒオウギアヤメが一緒に咲く。他の山では見られない組み合わせだ。
シナノキンバイとヒオウギアヤメ。他にカラマツソウ。

ハクサンシャジンが現れて来ると、姥石平が近い。
ハクサンシャジン Adenophora triphylla var. hakusanensis

姥石平まで登ったら、青空が出てきた。
なお今回も姥石平は後でゆっくり眺めることとし、焼石岳山頂へ直行する。
泉水沼と焼石岳山頂

山頂への登りに取り付いたら、
キンコウカ Narthecium asiaticum が咲いていた。

ネバリノギラン Aletris foliata
とハクサンシャジン。
またハクサンシャジン・・・。
あれっ (´π`;)

ハクサンシャジンとハクサンイチゲ。

いつの間にかハクサンイチゲが現れていた。これが二度咲きハクサンイチゲなのだった。
ハクサンイチゲ Anemone narcissiflora var. japonica

他にはウスユキソウが古くなっても頑張っていた。
ウスユキソウ Leontopodium japonicum
とハクサンシャジン
ウスユキソウをもう一枚。

山頂でアサギマダラに遭遇。
アサギマダラ Parantica sita

キオン Senecio nemorensis
丈は50センチ弱と低い。
トウゲブキ Ligularia hodgsonii
トウゲブキは山頂にも多かった。
結局、この花は標高900mの中沼からずっと咲き通しだった。
もしかしたら焼石はトウゲブキが日本一多い山かもしれない(そのかわり、(T_T) ニッコウキスゲが無い)。

この日、山頂は晴れていたが、雲が邪魔して遠くの山々(鳥海山など)はマッタク見えなかった。
今回は花に徹すべく、山頂から九合目・焼石神社に降りて行く。
秋田側(東成瀬ルート方面)を望む。右奥は三界山。

ハクサンフウロ Geranium yesoemse var. nipponicum
もはや終盤モードだった。
タテヤマウツボグサ Prunella prunelliformis


次(姥石・・・)へ行く。
裏庭トップに戻る
モガ狂トップに戻る
管理者注:本頁の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
(本頁は2017年9月8日にアップしました。)