2017年ロンリーハーツ植物紀行
7月8日、焼石にイエローガーデンを見た。(前編)

7月6日の青森・白神岳(こちら)に続いて、8日は岩手の焼石岳に行ったが、今回の焼石はわけあって秋田側(東成瀬村)からアプローチしてみた。
このルートを選んだのは八合目・焼石沼周辺の或るお花畑を見るため。
噂には聞いていたが、とにかく凄いお花畑だった。

まずは恒例によって、山麓から。
(´π`;)少し日がずれてますが・・・
2017/07/19 十文字町(秋田県横手市)から見た焼石岳。

秋田側の登山口(三合目)は標高が930mと高く、急な登り下りも無いので、いかにも登りやすそうに見えるが、
いかんせん距離が長すぎる〜(標高差600m稼ぐのに約7キロ)。

五合目・釈迦懺悔付近のブナ林 開花中のササ

ブナ林が長く続くので、独りだと心細い。
また途中で胆沢川を三回も渡渉しなければならない。
胆沢川の第一渡渉点付近。
タニウツギがまだ咲いていた。

しかし花はそこそこ咲いていた。
ジガバチソウ Liparis krameri ノビネチドリ Gymnadenia camtschatica

コケイラン Oreorchis patens マイヅルソウ Maianthemum dilatatum

ギンリョウソウ Monotropastrum humile

このルートでは上の方に行くと女王陛下キヌガサソウも見られる。
キヌガサソウ Paris japonica, Kinugasa japonica

ちょうどいい機会なのでここで少しお遊びを。
今日出会った範囲で、キヌガサソウと近縁、或いは似たような植物を集めてみた。
ツクバネソウ Paris tetraphylla
オーソドックスな四枚葉タイプ。
ツクバネソウ Paris tetraphylla
デラックスな六枚葉タイプ。

クルマバツクバネソウ Paris verticillata ツマトリソウ Trientalis europaea (サクラソウ科)
(´π`;)たまにキヌガサソウと間違える人が居ます。

こんな芸当が出来るのは植物の種類豊富な焼石だからこそ。

七合目、柳瀞を過ぎ、林が切れて、道の両側に、花が多くなると・・・
奥の真ん中の山が焼石岳。

あっという間に八合目、イエローガーデン。
バックの山は三界山(1381m)。

ミヤマキンポウゲ Ranunculus acris var. nipponicus

ミヤマキンポウゲ Ranunculus acris var. nipponicus ハクサンチドリ Dactylorhiza aristata

黄色の正体はミヤマキンポウゲだが、ここにはハクサンチドリも多い。それこそタクサンチドリ。


何やら白い花も混じっている。
ハクサンチドリと・・・ シロバナノヘビイチゴ Fragaria nipponica ※

シロバナノヘビイチゴ Fragaria nipponica ※
シロバナノヘビイチゴは北東北では珍しい。それなのに此処では凄い群生になってる。
(※焼石岳のシロバナノヘビイチゴは北海道道東や道北に生育するエゾノクサイチゴ(エゾクサイチゴ) Fragaria yezoensis ではないかとの意見も有ります。)
他にズダヤクシュも大群生だった。
ズダヤクシュ Tiarella polyphylla


次(後編)へ行く。
裏庭トップに戻る
モガ狂トップに戻る
管理者注:本頁の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
(本頁は2017年8月11日にアップしました。)