2019年ロンリーハーツ植物紀行
7月26日、薬師岳&和賀岳・花紀行2

(本頁は「7月26日、薬師岳&和賀岳・花紀行1」の続きです。)

遅れに遅れて10時頃、薬師岳(1218m)山頂にやっと到着。すると下の方から鈴の音がして、後続の方(男性、40歳代)が到着。
「今日は (´π`;)ワタシ独りでは無かった。」とホッとした。
この御方、はるばる首都圏からいらして昨日は隣の白岩岳に登ったとか、あっという間に薬師岳山頂を通過し、和賀岳に向かって行かれた。
ワタシの方は、今度は薬師岳西斜面のお花畑に捕まってしまい、延々と撮影していたので、更に一時間遅くなった。
しばし薬師岳西面のお花畑の模様を報告する。

薬師岳西面お花畑の始まり

ヤマルリトラノオ Veronicastrum japonicum エゾノヨロイグサ
Angelica sachalinensis だろうか。

ヨツバヒヨドリ Eupatorium chinense subsp. sachalinense

ハクサンシャジン
Adenophora triphylla var. hakusanensis
キオン Senecio nemorensis

ハクサンフウロ Geranium yesoemse var. nipponicum

シオガマギク Pedicularis resupinata subsp. oppositifolia
だろうか。
コカラマツ(オオカラマツ)
Thalictrum minus var.
stipellatum

ここのお花畑は同時期の鳥海山や秋田駒、焼石など他の花名山のそれとはかなり違う雰囲気だった。
ヤマルリトラノオや後出のイブキトラノオが多いせいだろうか。名前のわからないセリ科やイネ科も多かった。
なお同じ場所は半月くらい前まではニッコウキスゲの花の海になっていた模様(昨年7月9日の記録はこちら)。

小鷲倉、和賀岳山頂をバックにセリ科。


イブキトラノオが多くなって来た。


イブキトラノオ Bistorta officinalis subsp. japonica

イブキトラノオ Bistorta officinalis subsp. japonica イブキトラノオ Bistorta officinalis subsp. japonica

バックは薬師岳

バックは真昼岳 キオンやセリ科、イネ科。

薬師平を過ぎたら、途端に花が少なくなった。
代わりに背丈と同じくらいのノガリヤス類がびっしりと繁り、道に被さっているので非常に歩きにくい。
しかし既に三時間もタイムオーバーしているので、和賀岳山頂まで行くとしたら、のんびりしてられない。
フォースを信じて、水泳ぎならぬ草泳ぎの感覚で草を掻き分け進んで行くものの、下り坂になると足先に地面が無くてよろけることしばし。

ミヤマアキノキリンソウ(コガネギク)
Solidago virgaurea subsp. leiocarpa

オオバギボウシ Hosta sieboldiana タムラソウ
Serratula coronata subsp. insularis (蕾)

小杉山を過ぎたら、登山道が刈り払いされており、歩きやすくなった。
今までの遅れを取り戻すべくピッチを上げる。ε=ε=へ(+´π`;)ノ
花は少ない。時おり立ち止まって薬師岳を振り返る。


クルマユリ Lilium medeoloides ノギラン Metanarthecium luteoviride

この山には低山性のノギランが多い。
自分の行った範囲では、真昼岳や焼石岳、朝日連峰の山頂部でも多く見られた。そろそろ高山植物図鑑に載せて欲しいものだ。


次(3)へ行く。
裏庭トップに戻る
モガ狂トップに戻る
管理者注:本頁の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
(本頁は2019年11月8日にアップしました。)