モミズイカの紅葉バカ時代
シシ神様の住まう処2/絶景!秋の鶴間池1

鳥海山にはシシ神様(宮崎駿アニメ「もののけ姫」に登場)の住まう処が少なくとも二箇所ある。
ひとつは既に紹介済みの獅子ヶ鼻湿原秋姿 春姿)。こちらは鳥海山の北面に位置し、行政上は秋田県に所属。
もうひとつは南面に位置し、行政上、山形県に属する鶴間池(つるまいけ)だ。この池はもののけ姫のアニメが世に出るずっと以前から知っていた。かつて山歩きしていた頃(1980年代)、鳥海外輪山の高みから遠く南に見下ろす機会が幾度かあったが、秋田からは、庄内地方の八幡町(現・山形県酒田市)から廻らないと入れない上に、当時は歩く距離も半端でなかったので、ずっと行けないままでいた。

2008年10月18日の早朝5時半、ふと思い立って私は鶴間池に向かった。
鳥海高原ライン(鳥海公園青沢線)と呼ばれる立派な舗装道路を湯の台から滝の小屋入口に向かう途中、たぶん一箇所だけ鶴間池を見下ろせる場所(展望所。クルマは数台置ける)がある。この地の標高は約970m。下の鶴間池は手の届きそうなくらい近く見えるが、その畔に立つためには200m近い標高差を転がり落ちなければならない。
午前8時ちょうど。道標に従い、いざ出発。
はじめは明るく平らで気持ちのいいブナ二次林だ。
数分してブナの梢の切れ目から鶴間池が見え隠れするようになる。
この場所を「のぞき」と言うらしい。
ホンの少し進むと、目の前に鳥海山がドンと望めるようになる。
上の方は慈母のごとく穏やかな山容だが、下半身は荒々しい・・・断崖絶壁だ。

この後、まもなく自らもこの荒々しい下半身つながり斜面(かんすけ坂)を転がり落ちていく運命となる。
でも安心。岩場は辛うじて避けているし、急な斜面(ずっと続く)には鉄梯子やロープが切れ目なく整備されている。
このところずっと晴れが続いているので、坂道で何度転んでも泥んこになることはなかった。シシ神様の配慮に感謝しよう(ただし雨の日は知らんぞ)。

まだかまだかと思っていた下り坂が終わった途端、
目の前にこんな風景が
ドバーッと開けるんだ。
岩山の間のキレット(凹地)には春、立派な滝がかかると聞く。
その名はマタフリの滝。
何分待ってもシシ神様は渡って来ない。
岩の連なりを右に辿って行くと、
自らがクルマを置いて来た展望所に人が立っているのが見えた。
あの高さから自分は転がって来たんだと変な満足感に浸る。

展望所の人達に、私の居る処はこんなふうに見える筈。

シシ神様が渡り歩いた草叢みたい。
とにかく此処は静かだった。
こんなに素晴らしい天気で紅葉真っ盛り、しかも休日(土曜日)だと言うのに、私が此処に居た(降り登りも含めて)3時間のうちに出会ったニンゲンはたった4人だけ。
さて、それでは・・・
次(鶴間池2)行くよ~
裏庭トップに戻る
モガ狂トップに戻る
管理者注:本頁の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
(本頁は2009年1月1日にアップしました。)