2018年ロンリーハーツ植物紀行
4月21日、初めての東光山2

(本頁は「4月21日、初めての東光山1」の続きです。)

今頃の季節、秋田の低山はどこもスプリングエフェメラルが盛りで、その出現順位は、一、二位がカタクリかキクザキイチゲ、
三位がオトメエンゴサク辺りと相場は決まっているものだが、
東光山は何故かオトメエンゴサクが一位だった。
雑木林が始まると少しずつその姿を現わすが、七合目を越えた辺りから、ワッと多くなり、その傾向は山頂まで続いていた。
オトメエンゴサク Corydalis fukuharae とエンレイソウ(左)

オトメエンゴサク Corydalis fukuharae オトメエンゴサク Corydalis fukuharae とスミレサイシン

個体数が多いので、白やピンクも探してみたが、今回は見いだせなかった。

七合目から先の稜線は気持ちの良いブナ林が続く。


その下草は・・・
トウゴクサイシン Asarum tohokuense

コキンバイ Geum ternatum 急にカタクリの小道に変身。

山頂近くなったら、どうしたんだろう。ブナ林が途切れ、スギの植林地になった。
すると不思議なことにカタクリが急に現れ出した。
カタクリ Erythronium japonicum

カタクリ Erythronium japonicum この白花は
ワサビ Eutrema japonicum だろうか。

あまり多くはなかったが、一応、キクザキイチゲも。
白や薄いブルーもあった。
キクザキイチゲ Anemone pseudoaltaica ピンクの花のようなものは
キクザキイチゲの葉が色変わりしたもののようだ。

いよいよ山頂。ところが・・・
(T_T)この日はカスミがひどく、鳥海山はおぼろげにしか見えなかった。

おぼろげなる鳥海山

本荘市街地方面の眺めもモヤーッとしていた。
pm2.5だろうか。

下山すると、柿の種号が待ってくれていた。
その後、同じ山域の別場所へ移動。
登山口 オオバキスミレ Viola brevistipulata

ルリソウ Omphalodes krameri


次(房住山)へ行く。
裏庭トップに戻る
モガ狂トップに戻る
管理者注:本頁の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
(本頁は2018年5月11日にアップしました。)