2018年ロンリーハーツ植物紀行
6月3日、初夏の虎毛山2

(本頁は「6月3日、初夏の虎毛山1」の続きです。)

1234m分岐地点を過ぎると、今まで見えなかった山岳風景が展開する。
山伏岳(左)と高松岳

手前左から前森山、その後ろに吹突岳、更に奥は焼石岳。

両方合わせると
皆瀬川源流部の山々を俯瞰。

虎毛山山頂までに見かけた花たち。
タムシバ

ムラサキヤシオ

タケシマラン

オオカメノキ 山頂の避難小屋が見えて来た。

山頂の避難小屋の尖がり屋根が見えて来たが、実はここから先がなかなか進まなかった。
理由は以下の写真撮影での停滞と突然のスタミナ切れ。
分岐点から山頂までは標高差200mで45分となっているが、今日のワタシはその倍、一時間半を要した。
結局、山頂までは4時間半もかかったことになる。

ワタシを足止めにした山岳展望。
虎毛山山頂付近から見た眺めた神室山(+前神室山)、そして鳥海山。

鳥海山のアップ

神室山と前神室山

神室山のアップ

ここから見る神室山はかつて河童橋から見た奥穂高を彷彿とさせるものがあった。

神室連峰核心部

神室連峰南部と月山

連峰南部の小又山、天狗岳の連なりは夜叉人峠から見た南アルプス白根三山を彷彿(´π`;)☆\バキ

小又山と天狗森(左に大尺山と火打岳)

月山をアップで。

いずれにしろ緩やかな山ばかりの東北では珍しい山岳風景だ(東北では他には朝日連峰、飯豊連峰くらいか)。

山頂を通り越すと、目の前に突然、伸びやかな湿原(+池塘)風景が広がる。
この風景ゆえに、虎毛山山頂部は「雲上のオアシス」とも呼ばれている。
山頂の湿原。遠くに見えるのは栗駒山。


池塘越しの栗駒山

湿原越しに須金岳

湿原越しに鬼首カルデラと禿岳

山頂から見た高松岳

山頂付近で見た花たち。いずれも咲き出したばかり。
イワカガミ チングルマ

ヒナザクラ ミツバオウレン

下山は山開き登山のご一行様と一緒だったので、ほぼコースタイム通り。
最後に下山時に見た赤い橋。
誰も渡れない不思議な赤い橋(旧・赤倉橋)。


次(鳥海山)へ行く。
裏庭トップに戻る
モガ狂トップに戻る
管理者注:本頁の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
(本頁は2018年6月29日にアップしました。)