2018年ロンリーハーツ植物紀行
4月10日、雪割草を見に山形のとある山へ。

今年、雪割草(オオミスミソウなど)は鶴岡の高館山で3月20日に見ている(記録頁はこちらが、
もう一箇所、どうしても見たいと思い、4月10日、山形のとある山に行って来た。
ここは昨年4月24日にも訪ねている(記録頁はこちらが、残念ながら雪割草は終わりに近かった。
今年はより新鮮な花をと思い、二週間早めてみた。
なお他の方の記録を見ると、雪割草がらみの場合、この山は名前を伏せることが多い。おそらくは盗掘者にその存在を知られたくないための配慮だろう。
私自身もそれに倣い、「山形のとある山」とした。

秋田市からこの低山に向かう途中、鳥海山が綺麗に見えた。

前日は寒の戻りで里でも雪やみぞれが降った。
とある山の登山道にも前日の雪が積もっていた。

こんな調子なので、今開花中の雪割草もオウレンも雪の下敷きになってしまい、朝のうちはほとんど見ることが出来なかった。
今日はさいわいにも晴れているので昼近くなったら雪は融けるだろう。
花は下山時に見ることとし、まずは山頂をめざす。
ヒメアオキ Aucuba japonica var. borealis の実

平日の早朝なので登山者は我独りの筈だったが、
あと少しで山頂というところで、どっ( ̄π ̄;どなたか私を見つめていた。
近寄ってみたら、 (´π`;)お地蔵さんだった。

山頂からは鳥海山が素晴らしい。
山頂から見た鳥海山


山頂から見た丁岳 マルバマンサク Hamamelis japonica subsp. obtusata

山頂付近ではイワウチワが咲き出していた。
オオイワウチワ Shortia uniflora

オオイワウチワ Shortia uniflora
そうこうしているうちに他の登山者も登ってきた。
ここは雪割草の名山としてけっこう知られているようだ。平日にもかかわらず、私のような中高年登山者で山頂付近は賑やかになった。

以下、下山時に見たオウレンや雪割草の仲間を。
キクバオウレン
Coptis japonica var. anemonifolia
オオミスミソウ
Hepatica nobilis
var. japonica f. magna

オオミスミソウ
Hepatica nobilis
var. japonica f. magna

オオミスミソウ
Hepatica nobilis
var. japonica f. magna
オオミスミソウ
Hepatica nobilis
var. japonica f. magna

オオミスミソウ
Hepatica nobilis
var. japonica f. magna

ここのオオミスミソウは鶴岡のT山(記録頁はこちらに較べると、株が小さく、花付きも疎らで個々の花の径も小さかった。
また青みを帯びたものが多く、ピンクは盗掘されちゃったのか少なかった。

雪割草以外の花たち。
シュンラン Cymbidium goeringii ウスバサイシン Asarum sieboldii

スミレサイシン Viola vaginata キクザキイチゲ Anemone pseudoaltaica

なんかトリケラトプスの頭のような古木

今年の春、あちこちの山で出逢う珍キノコにここでも出会った。
シロキツネノサカズキモドキ
Microstoma floccosa var. macrospora
オトメエンゴサクのおまけ付き

最後に月山。


次(七座山)へ行く。
裏庭トップに戻る
モガ狂トップに戻る
管理者注:本頁の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
(本頁は2018年4月27日にアップしました。)