秋田のうっ溜めエレガンス
たわらやガーデン 2011/06/12 A

恒例のたわらやガーデン園遊会、今年は6月12日の日曜日に開催された。
まずは玄関前のつるバラから。

`グラハムトーマス'

白ジギタリス。
白バラは`プロスペリティー'。
 
玄関前のウエルカム・プランツ。
こちらは鉢植え。ニオイバンマツリ(ナス科)と斑入りハナシノブ。
前者はトロピカルプランツなので冬場は室内越冬か。

これまた恒例の(マウスで)触ると色が付く記念写真。今年は早めに登場。
今年は(た先生の)新婚の息子さんと奥さん(左端のお二人)が加わり、賑やかになった。

バラと来れば、クレマ。
今年はスタンダードなクレマとバラの開花がうまく重なった。

中庭の様子。


ひっそりと咲く和製ヘメロ、ヒメカンゾウ。 ラミウム・マキュラータム Lamium maculatum とミヤコワスレ

和風庭園に足を踏み込むと・・・
この写真、何を言いたいかと申すと・・・
右上の束ねたスイセンの葉に着目して欲しい。
スイセンの花は好まれるが、花後も広がり続ける葉はあまり好かれない。かといって、刈り取ってしまえば、
翌年の開花に差し支える。それをうまくあしらう方法はないかと思っていたが、た奥様はさらりとやっておられた。
今はミヤコワスレが花盛りだった。
暑さ寒さにも耐え、なおかつ日陰にも耐える和の逸材だ。

ミヤコワスレの花道は和風庭園の深部まで続く。

へ行くよ〜
トップページに戻る
管理者注:本頁の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
(本頁は2011年7月2日にアップしました。)