2016年ロンリーハーツ植物紀行
9月の低山の花たち2

太平山の南麓、岨谷峡谷には以前から気になっていた植物がある。
紅葉時期に訪ねると葉しか残っておらず、種の同定もままならないでいた。
今頃ならたぶん咲いてるだろうと思い、訪ねると・・・
タイリンヤマハッカ Isodon umbrosus var. excisinflexus

タイリンヤマハッカ Isodon umbrosus var. excisinflexus

この植物を私はずっとカメバヒキオコシ Isodon umbrosus と思っていたが、
手持図鑑には分布域が東北南部となっていたので、新たな分布地の発見かなと勝手に思っていた。
その後、詳しい方からご指摘があり、今回、タイリンヤマハッカ Isodon umbrosus var. excisinflexus に訂正。
タイリンヤマハッカ
Isodon umbrosus var. excisinflexus
キバナアキギリ Salvia nipponica
鵜養の山林にて。

岨谷峡谷は、以前、詳しく紹介済み(こちら)なので、その景色は今回省略。
その少し上流に鵜養(うやしない)という集落があり、こちらの峡谷も以前から気になっていた。
本頁のテーマからは逸脱するが、少しだけ報告してみる。
舟作付近の眺め


この付近から灌漑用水路が始まる。
続いて
伏伸(ふのし)の滝


殿渕

殿渕

伏伸(ふのし)の滝リプライズ

県庁所在地から車でわずか30分くらいのところにこのような景色があったとは驚きだ。
このエリアについて解説をと思ったがが、既に秀逸な紹介頁があったのでそちらを紹介しておく。紅葉時期にまた訪れてみよう。
美しき森と水の山里・鵜養
水土里ネット秋田 【もっと秋田を!探検隊】鵜養


またまた水風景で恐縮。
天正の滝(東成瀬村)
付近で咲いていた花たち。
ジャコウソウ Chelonopsis moschata

サラシナショウマ Cimicifuga simplex

サラシナショウマ Cimicifuga simplex キツリフネ Impatiens noli-tangere

近くの真人山(まとやま)がまだ9月上旬だと言うのに紅葉して見えた。
真人山(まとやま)は横手市増田町にある低山。
どうやらこれは「ナラ枯れ」のようだ。
残念なことだが、秋田県内の山々にも急速に浸透して来た。(T_T)

9月中旬のとある日、沢内村(岩手県西和賀町)を通り過ぎたら、
沢内村から見た和賀岳
珍しく和賀岳が見え、あちこちで秋の野花が咲いてた。

ミソハギ Lythrum anceps ナギナタコウジュ Elsholtzia ciliata

ナギナタコウジュ Elsholtzia ciliata

秋に咲くキケマンの仲間、ナガミノツルキケマンに久々に出会った。
ナガミノツルキケマン Corydalis raddeana

春に咲くミヤマキケマン(こちら)と較べると、なよなよと頼りない草姿だが、他の草に寄りかかると大人の背丈くらいに伸びることもある。
実際は彼方此方に生えている花なのかもしれないが、見過ごされやすいキャラのひとつと言える。

次(黄金の稲田・・)行くよ〜
裏庭トップに戻る
モガ狂トップに戻る
管理者注:本頁の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
(本頁は2016年10月21日にアップしました。)