2015年ロンリーハーツ植物紀行
晩夏の竜飛崎にマツムシソウを見た

いきなり海だが、これは先週末訪ねた竜飛崎の少し手前から眺めた津軽海峡。
向こうに見える山並みは北海道。
何ゆえ今、急に竜飛崎かと言うと・・・
8月21日、青森で本業イベントがあったので、この機会を逃すまじと、前日の8月20日に有休を入れ、八甲田山登山を企画。
20日は午前5時に秋田市を出発。ところが天気はイマイチで酸ヶ湯に着いたら霧雨で何も見えない。八甲田は諦め、近くに替わりは無いかと
思いあぐねていたら、「竜飛崎にはマツムシソウが咲いてる」という話を思い出した。
この花、関東や信州の高原では普通の植物(8月9,10日とあちらで見てきたばかり)だが、秋田には無い。
というよりも、東北の北半分や裏日本には皆無と言っていい植物なのだ。それが何故か津軽半島の突端では咲いている。
どんな咲きざまなのか見たくなり、急遽訪ねることにした。天候も北の方ほど明るい感じだった。
ところが竜飛崎が近づくにつれ、海岸の道端にうじゃうじゃ咲いてる青い花は!! 
チコリー(キクニガナ) Cichorium intybus
園芸植物、ハーブとして知られるチコリー(キクニガナ)ではないか。昔、誰かが庭に植えたものがエスケープしたものだろう。
にしても数が多い。竜飛崎の主要部分はこの花でうす青く染まって見えるほどだった。此処の気候がよほど気に入ったものと見える。

(-_-;)ワタシに情報をくれた方はもしかしたらこの花をマツムシソウと見間違えたのではないかと、疑念が・・・
竜飛崎には、チコリーの他にアジサイも多かった。
アジサイは嫌いではないが、何故、寒風吹きすさぶさいはての岬に温帯森林性のアジサイなのか。
ハマナスならまだわかるけど、アジサイは公費で植栽されたもののようだ。

個人的にはこの地在来の野草の方がずっといい。
シラヤマギク Aster scaber とエゾカワラナデシコ Dianthus superbus var. superbus

オオバナノコギリソウ Achillea ptarmica subsp. macrocephala
花の直径は2センチ近かった。
これは・・・( ̄も ̄;)干蛸
一渡り、野草をあたってみて、
嗚呼。やっぱり此処にはマツムシソウは無いんだなと落胆し、
帰途につこうとしたら・・・
ありゃりゃ。( ̄π ̄;有るじゃないか。しかし数は少ない。
エゾマツムシソウ Scabiosa japonica var. acutiloba
関東や中部のマツムシソウ Scabiosa japonica に較べると丈が低くめんこい。
後で調べたところ、竜飛のものはエゾマツムシソウ Scabiosa japonica var. acutiloba と言って北海道のものと同じだそうだ。
参考までに、エゾマツムシソウ Scabiosa japonica var. acutiloba
2009/08/22 札幌・北大植物園にて。

近くに生えるのは、
(ツリガネニンジン Adenophora triphylla var. japonica と)イブキジャコウソウ Thymus quinquecostatus
イブキジャコウソウやホタルサイコなど
先日、訪ねた浅間山近くの高原と共通の花が有った。
ホタルサイコ Bupleurum longiradiatum var. elatius ツリガネニンジン Adenophora triphylla var. japonica
とホタルサイコ Bupleurum longiradiatum var. elatius
また此処では
東北地方で高山植物とされるトウゲブキも群生していた。さすが北地、さいはてだ。
トウゲブキ Ligularia hodgsonii

津軽半島先端部の海岸風景は
唄で有名な竜飛崎よりも小泊半島寄りの方が素晴らしかった。
龍泊ラインを南に進む。奥に細長く伸びるのが小泊半島。

ラセイタソウ Boehmeria biloba
イラクサ科
ハマゴウ Vitex rotundifolia
一見、草のようだが匍匐性の低木。最近、シソ科に編入。

波打ち際斜面にはピンクの花が多い。

エゾカワラナデシコ Dianthus superbus var. superbus ハマフウロ Geranium yesoense var. pseudo-palustre
とツルフジバカマ Vicia amoena

ツルフジバカマ Vicia amoena

七ツ滝はほぼ直接、日本海に落ちている。 センニンソウ Clematis terniflora

これで晩夏に突然訪ねた奥津軽紀行を終えるが、最後にもうひとくさり。

竜飛崎をめざし、津軽半島の深い山あいをタラタラと走ってると、突然、このような建物が現れた。
なっ( ̄π ̄;何だ。津軽狸に化かされたのかなと思って近寄ってみると、
来年春、開通予定の北海道新幹線の駅舎(奥津軽いまべつ駅)だった。にしても人家が二軒くらいしかない山奥にこんな立派な駅が!!
皆さん。来年は新幹線乗って竜飛崎へ行こう。

次(八幡平)行くよ〜
裏庭トップに戻る
モガ狂トップに戻る
管理者注:本頁の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
(本頁は2015年10月17日にアップしました。)