2017年ロンリーハーツ植物紀行
5月1、2日、高尾山の春コレクション

毎日が日曜の身分なので、大型連休だからといって、どこか遠くの場所に出かけるわけでもなし。
今年は5月1日、2日と続けてごく近場の高尾山に春の花を見に行くことにした。
高尾山に向かう道と柿の種号

高尾山と言っても東京八王子ではなく、秋田市の南の方にある低山。
山麓までは自宅からクルマで20分程度。
雄物川と高尾山
(左のピークが太平薬師424m、鉄塔の右の方が高尾山383m)

主要ピークは二つあり、最高点の太平薬師が424m、もうひとつのピーク、高尾山が383m(どちらも4月23日に登頂済み)
ふたつのピークの間を国道341号線が貫いており、それをフル活用すれば、労せずして花見の出来る山だが、
今年は何故か連休最終の5月7日まで冬期通行止めとのこと。
私が行った1日と2日は通行再開のための作業(倒木の撤去や落ち葉の清掃)真っただ中だったが、そこは (´π`;)うま〜く通り抜ける。
そうしないとカタクリの開花に間に合わないのだ。
ここでもカツラの芽吹き こちらはカエデの仲間

まだ明るい雑木林の林床を見ると、何やら紅紫の草花が咲いてる。

林に踏み込んでみたら、それはカタクリだった。

しばしカタクリのワンマンショーを。
カタクリ Erythronium japonicum

カタクリ Erythronium japonicum

オトメエンゴサクも参戦。

オトメエンゴサク Corydalis fukuharae
カタクリの重ね咲き
スミレサイシン Viola vaginata
ミチノクエンゴサク Corydalis orthoceras

更にキクザキイチゲも参戦。

キクザキイチゲ Anemone pseudoaltaica

エンレイソウ Trillium smallii

最高点の太平薬師に向かう道を辿る。

オオバキスミレ Viola brevistipulata の群生

更に進むと

ニリンソウの緑のカーペットが素晴らしい。
ニリンソウ Anemone flaccida とカタクリ

近くではシラネアオイも咲き出していた。
季節の進行を感じる。
シラネアオイ Glaucidium palmatum

5月2日は遠くの山々も見渡せた。
秋田駒ヶ岳。左側に岩手山のアタマも見えた。

雄物川の蛇行と遠く奥羽脊梁の山々、真昼岳や女神山など。

この日は宮城との県境、栗駒山まで見えた。
はるか遠く栗駒山


次(西和賀)へ行く。
裏庭トップに戻る
モガ狂トップに戻る
管理者注:本頁の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
(本頁は2017年6月2日にアップしました。)