2015年ロンリーハーツ植物紀行
秋田の高尾山・春の花紀行

(本頁は「秋田の高尾山、春の花紀行1」、「」の続きです。)
一週間後の4月26日、また高尾山を訪ねてみた。
そろそろ新緑や春紅葉が始まっていた。

林の中に踏み込んでみる。
黄色の菫の咲く小道

オオバキスミレ Viola brevistipulata 二輪草に縁取られた小道

ニリンソウ Anemone flaccida

スミレサイシン Viola vaginata

カタクリ Erythronium japonicum の花は
ほとんどが終わっていた。

コミヤマカタバミ Oxalis acetosella
廻りにはオトメエンゴサク Corydalis fukuharae も。

キバナイカリソウ Epimedium koreanum シラネアオイ Glaucidium palmatum

この山の名物、オオバキスミレの大群生。
オオバキスミレ Viola brevistipulata


4月26日、近くの丘陵で出会った春紅葉。

同じく、近くの丘陵で出会ったブナの新緑。
湿った場所には
ネコノメソウ Chrysosplenium grayanum アズマシロカネソウ Dichocarpum nipponicum


更に一週間後、5月4日。
今年三度目の高尾山は早くも濃密な新緑に変わっていた。

小道も既に薄暗くなり
ニリンソウはまだ健在だった。 実モードになった
カタクリ Erythronium japonicum

エンレイソウ Trillium smallii とニリンソウ

林が薄暗くなると、新たに出て来る草もある。
マムシグサの仲間 Arisaema にはいつも ( ̄π ̄; ドッキリ。 斑のキレイなこの植物はたぶん
ヤマジノホトトギス Tricyrtis affinis
いずれも日陰に耐え、秋までかかって花を咲かせ、実をつけるロングランナー。
あと約一ヶ月で地上から姿を消すスプリングエフェメラルとは対照的なライフスタイルだ。

そろそろ薮蚊も出て来た。低山は鬱蒼とした緑に包まれ、キレイな花は極端に少なくなる。

最後にまた雄物川の流れ。

次(県北)行くよ〜
裏庭トップに戻る
モガ狂トップに戻る
管理者注:本頁の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
(本頁は2015年5月16日にアップしました。)