2018年ロンリーハーツ植物紀行
2018年3月20日、鶴岡の高館山

今年は雪が多かったので、オオミスミソウの開花は遅れるのではないかと思っていた。
よって高館山には昨年(こちら)より一日遅く、3月20日に行ってみる。が、着いてみたら、昨年とほとんど同じペースで進行していた。
大山公園から高館山と下池を望む。

マルバマンサク Hamamelis japonica subsp. obtusata

最初に目についたのはマンサクの花。
このマンサク、遠目には目の高さに見えるが、近寄るともろ頭の上になり、
明るい曇り空が眩しくて撮影にはいつも難儀する。今回は奇跡的に目の高さに花が有った。
マルバマンサク Hamamelis japonica subsp. obtusata 城山コース途中にある古木

城山コース、雑木林の小道

雑木林の中はまだ春浅く、あっけらかんと明るい。花はさっぱりのようだ。
それでもオオミスミソウは咲いていた。が、あぅぅ(つдi) 残念。今日は曇り日のため、花を閉じていた。
ときどき日差しがあり、午後になったら開いてくれそうな雰囲気だったので、午前中は樹木や木のほこらばかり見て歩く。
fb仲間のMiyuki Komuro さんから、『撮り鉄』ならぬ『撮り穴(ケツ)』ではないかと後で指摘を受ける。
木のほこら その近くにコシノカンアオイを見つけた。

天気に関係なく咲いてる花が有った。
コシノカンアオイ Heterotropa megacalyx
葵の御紋のような葉っぱはギフチョウの幼虫の餌になる。

キクバオウレン
Coptis japonica var. anemonifolia
オオイワウチワ Shortia uniflora(蕾)

オウレンはパラパラと咲いていたが、イワウチワやショウジョウバカマはまだ蕾だった。

上池コースを降りて行くと、湿った林の中に今年も咲いていた。いや生えていた。
シロキツネノサカズキモドキ Microstoma floccosa var. macrospora

エンレイソウ Trillium smallii

ジャノヒゲ(リュウノヒゲ) Ophiopogon japonicus (実) カタクリ Erythronium japonicum

昼近くなったら、カタクリやキクザキイチゲも開き出した。
キクザキイチゲ Anemone pseudoaltaica (青紫タイプ)

キクザキイチゲ Anemone pseudoaltaica (ピンク?タイプ)
開けばふつうの白かもしれない。
キクザキイチゲ Anemone pseudoaltaica (白タイプ)

オオミスミソウは満を持して昼から撮影開始。
斑点のある常緑葉は
トケンラン Cremastra unguiculata (絶滅危惧TB類)と思われる。

オオミスミソウ Hepatica nobilis var. japonica f. magna

以下、オオミスミソウ・タイム。
オオミスミソウ Hepatica nobilis var. japonica f. magna

オオミスミソウ Hepatica nobilis var. japonica f. magna

オオミスミソウ Hepatica nobilis var. japonica f. magna

オオミスミソウ Hepatica nobilis var. japonica f. magna

オオミスミソウはまだシーズンが早いのか、はたまた盗掘の影響なのか、花色の濃い株はほとんど見られなかった。

この日、高館山から鳥海山は見えたが、月山は雲に包まれ見えなかった。
両方一緒に見える日はとても珍しいと聞く。
大山公園から鳥海山とほとりあ(左手前)を望む。


次(再び、男鹿)へ行く。
裏庭トップに戻る
モガ狂トップに戻る
管理者注:本頁の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
(本頁は2018年4月9日にアップしました。)