2017年ロンリーハーツ植物紀行
3月26日、高館山2nd

3月26日(日曜日)の朝はよく晴れた。当初、近場の男鹿半島に行くつもりでいたが、
鳥海山が綺麗に見えたので、そちらに手招きされるように南に走ってしまい、 ε=ε=へ(+´π`;)ノ 勢い余って県境を越え、鶴岡市まで行ってしまった。
鶴岡市の高館山は一週間前(3月19日)に行ったばかり(その時の記録はこちらだが、初めてだったので見損ねた花も少しある。
今回はそれらを補完する山行きとしよう。
行く途中に見えた朝の鳥海山を。
由利本荘市子吉川河畔から見た鳥海山

酒田みなとIC付近から見た鳥海山

庄内地方から望む鳥海山は秋田側(本荘やにかほ)から見るそれとは左右反対の姿となる。
なお今日、月山は雲が掛かってよく見えなかったので省略。両方の名山がともに見える日は少ないと聞く。

今回も山麓にある「鶴岡市自然学習交流館・ほとりあ」を訪ねて挨拶。
鶴岡市自然学習交流館・ほとりあ。背景の山が高館山。


まずは前回、見損ねた花を。
コシノカンアオイ Heterotropa megacalyx

コシノカンアオイ Heterotropa megacalyx は手持ち書籍によると、秋田県から新潟県、長野県北部までの日本海側地域に自生とあるが、
私が観たのは今回が初めて。見慣れたウスバサイシンなどに較べると花が驚くほどでかい(一説では秋から咲いている)。
なお高館山にはウスバサイシン Asarum sieboldii もあり、こちらは落葉性。現在、新しい葉を展開中だった。
またこれらの植物を食草とする蝶はこの山ではヒメギフチョウではなく、ギフチョウとのこと。
今回はまだ早すぎたのか、遭遇出来なかった。

ウスバサイシン Asarum sieboldii エンレイソウ Trillium smallii (シュロソウ科)

咲き出したばかりの花たち
スミレサイシン Viola vaginata
後から出て来る葉っぱはスミレ類としては大型で、形はウスバサイシンにそっくり。

ミヤマカタバミ Oxalis griffithii ショウジョウバカマ Heloniopsis orientalis
下の葉はコシノカンアオイ。

まだ開店準備中だったのは
オオイワウチワ Shortia uniflora

前回の復習。
シロキツネノサカズキモドキ
Microstoma floccosa var. macrospora
キクバオウレン
Coptis japonica var. anemonifolia

先週咲き出したばかりだったカタクリやキクザキイチゲは丁度いい塩梅になっていた。
カタクリ Erythronium japonicum カタクリとキクザキイチゲ

キクザキイチゲ Anemone pseudoaltaica
青紫タイプと白タイプ
キクザキイチゲ Anemone pseudoaltaica
薄いピンクタイプ
アネモネ類は他にニリンソウの芽だしはいっぱい有ったが、アズマイチゲは見かけなかった。

折角来たのだから今がたけなわのオオミスミソウを満喫していく。
秋田にも有るが、乱獲や道路開発などで消滅寸前。だからなおさらだ。
オオミスミソウ Hepatica nobilis var. japonica f. magna




濃青色のタイプは盗掘されたのか
非常に少なかった。


オオミスミソウ Hepatica nobilis var. japonica f. magna

これらの花がまた来年、いや十年後、百年後も見られるようにと切に願う。
次(4月6日の高館山)行くよ〜
裏庭トップに戻る
モガ狂トップに戻る
管理者注:本頁の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
(本頁は2017年4月21日にアップしました。)