2019年ロンリーハーツ植物紀行
10月24日、太平山は紅葉真っ最中。1

私にとって地元の山、太平山(1170m)は低山なのにけっこう登り甲斐のある山だ(奥岳山頂まで旭又から上り三時間強、下り二時間と少し)。
山を覆う天然スギやブナ林はみごとだが、花は少なく、ヤマビルも居るので、春以外は登山を敬遠していた。
特に紅葉の頃は一度も登ったことが無かった。これではいけないと、10月6日、登ってみたが、紅葉にはまだ早かった(記録はこちら)。
20日過ぎならよかろうと思い、24日、再挑戦してみた。結果はご覧の通り。

奥岳山頂から秋田市方面を望む。

今回は久々に御滝神社、御手洗経由で奥岳山頂を往復した。

歩き始めは杉の植林地ばかりなので、紅葉はほとんど無かった。

このコース、歩き始めは延々と杉林(植林)が続く。
これは来し方を振り返ったところ。
最初に見た紅葉は弟子還沢の橋の上から。
たぶんマルバマンサクの黄葉だろう。

あやめ坂の辺りから杉の天然林になる。

あやめ坂と「ぶじかえる」の落書き 天然スギの根っこ道

チゴユリの実

あやめ坂の急坂を登っているうちに天然スギの間に少しずつ、紅葉が現われて来た。



紅葉の量は少ないが、スギの深緑とのコントラストが素晴らしい。



ヤマウルシの紅葉 天然スギ

コシアブラの白葉とカエデの紅葉

御手洗の手前からはブナを主体とした広葉樹林に変わる。

オオカメノキの紅葉

御手洗付近のブナは紅葉真っ盛りだった。

御手洗のブナ紅葉

御手洗の地蔵さんも紅葉に包まれていた。

オオカニコウモリの古花

ブナの紅葉は地味な色合いだが、個人的にはたまらなく好きだ。







次(2)へ行く。
裏庭トップに戻る
モガ狂トップに戻る
管理者注:本頁の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
(本頁は2020年1月21日にアップしました。)