2019年ロンリーハーツ植物紀行
4月29日、平成ラストは太平山(前編)

4月も中旬になったら、太平山の雪姿が美しくなって来た。
4月14日、下界(秋田市和田)から見た太平山地の山並み。
左端は前岳と中岳、右奥に白子森(太平山地最高峰)。

4月14日、太平山の核心部分。
今回、最初に登った宝蔵岳は剣岳のかげに隠れて見えない。

太平山は自宅のすぐ近くに聳えているが、幾つか理由が有ってあまり登っていない。
今回、今頃登ったのは、昨年11月、山納めの名目で登った際、宝蔵岳の斜面にイワウチワの大群生を見つけ(関連頁はこちら)、
これは春の開花を見に来ようと思っていたからだ。

そろそろ好いだろうと思い、4月29日に決行。
旭又にクルマを置き、テクテク歩いて、宝蔵岳コースの分岐へ。
急斜面を登り始めたら、イワウチワはすぐ現れた。

しかし花は御覧の通り。
オオイワウチワ

イワウチワの最盛期は全て終わっていた(もう一週間前くらいが見頃だったのか)。
かわりにイワナシが少し。
イワナシ

中腹の貴景勝杉

それでも貴景勝杉(今回、ワタシが勝手に命名)のある辺りまで登ったら、やや新鮮なものがあったが、
既に群生地は抜けており、パラパラとしか咲いてなかった。
今回はイワウチワの開花調査が目的なのだから、それを見定めたら、おとなしく下山すればよかった。
しかし、この日は稀に見る快晴。アイゼンも一応、担いでいたので、更に上を目指すことにした。


中腹のブナ林より上は雪がびっしり。雪は締まって歩きやすかったが、日陰地の急斜面は滑落しそうでちょっと怖かった。
稜線に出たら、剣岳の左に鳥海山が見えた。

宝蔵岳稜線から鳥海山。
その左には月山も見えたが、写真には写らなかった。

月山が見えるほどの好天だったので、これは勿体ない。更なる展望を求めて、奥岳まで登ることにする。

宝蔵岳から弟子還岳と奥岳を望む。

眺めは素晴らしかったが、目の前の雪庇は怖かった。
雪が融けた稜線に咲いていたのはキクザキイチゲのみ。
キクザキイチゲ 弟子還岳


ただし難所と言われる弟子還の岩壁はすっかり雪が取れており、
安全に通過することが出来た。
弟子還岳 弟子還岳の鎖場

弟子還岳から北の方を望むと・・・。

白神山地西部の山々。白神岳、向白神岳など。

藤里駒ヶ岳と岩木山。

弟子還岳から奥岳山頂方面を望む。

ナントカ奥岳山頂に到着。

奥岳山頂

鳥居の間から男鹿半島を望む。

秋田市方面の眺め。

山頂で見た花はこの二種類のみ。この花たちを愛でながら昼餉とする。

キクザキイチゲ カタクリ(蕾)


次(後編)へ行く。
裏庭トップに戻る
モガ狂トップに戻る
管理者注:本頁の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
(本頁は2019年6月21日にアップしました。)