2012年紅葉三昧紀行
今年は壮絶紅葉・須川高原(1)

私、モウズイカは花以外に紅葉狩りも大好きで、シーズンには芸名を「モミズイカ」と変えるほど。
今年の秋田の夏は異常猛暑、異常乾燥だったので、ちゃんと紅葉するものやら、少し心配していたが、例年より十日から半月くらい遅れつつも、
高山から順に紅葉が始まり出した
10月20日はアバ(老母)との約束もあり、岩手宮城県境にある栗駒山、須川高原を訪ねる。近頃、この山の紅葉は『東北一』とも言われている。
去年はこうだったが、今年はどうだろう。

結論を言えば、去年同様、素晴らしかった。
曇り日なので、写真の発色は今年の方がよかったかもしれない。場所によっては、壮絶な印象の紅葉風景に出くわした。
去年とは、逆周りのルートでいきなり剣岳をめざす。
坂道を登っていくと、奥の方は紅葉しているようだ。

突然開けた道の両側に奇岩怪石が並ぶようになる。

マッターホルンか槍ヶ岳か。
手前から湯気が上がっているのが面白い。
地衣を纏った岩

草や木の紅葉とのコントラストが素晴らしかった。

その先に開けたのが冒頭の風景。
左の岩山が剣岳(富山の剣岳とは別物)

そして・・・
奥に聳えるのが、栗駒山。

剣岳とナナカマドの紅葉


昨年も同じことを言ったが、ゆげ山の紅葉は明治時代の錦絵のようだ。

ナナカマド紅葉とゆげ山向かいの無名峰。

無名峰の紅葉は薄着だ。

剣岳の全貌

池塘と草紅葉

ここではひとところでいろんなパターンの紅葉が見られる。なんか紅葉の玉手箱の中にでも居るようだ。

行くよ〜
裏庭トップに戻る
モガ狂トップに戻る
管理者注:本頁の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
(本頁は2012年11月3日にアップしました。)