5.天狗平〜不帰のキレット

天狗平まで来たら、急に人影が少なくなりました。
それは登山者の多くが、鑓ケ岳を過ぎると天狗平の手前で鑓温泉の方に下りてしまうせいです。
ちょっと心細くなりましたが、我々はそのまま南に進みます。

鑓ヶ岳より南方、天狗尾根を望む。
右奥の鋭峰は剣岳。
剣岳(2998m)
天狗山荘が近づいてきた。
左側、手前に唐松岳、奥に五竜岳。

ここでは思いがけなくオヤマノエンドウとウルップソウの開花株に出会いました。
オヤマノエンドウは東北では見られない花です(厳密には飯豊山にはある)
ウルップソウに至っては東北に無いのはもちろん、中部山岳でも白馬と八ヶ岳の2箇所だけ、
あとは北海道の礼文島にしか無いと言う貴重な高山植物です。
今回は両方ともフレッシュな花を見ずに降りるのか、う〜残念と諦めかけましたが、ここで咲き残りに会えたので、一同大喜び。

オヤマノエンドウ Oxytropis nigrescens ssp. japonica
ウルップソウ Lagotis glauca
クジャクチョウのおまけつき

クモマスミレは秋田駒に多いタカネスミレ Viola crassa ssp. crassa に近縁です。以前はタカネスミレに含められてました。

クモマスミレ Viola crassa ssp. borealis var. alpicola

ヨツバシオガマは東北でも普通に見かけますが、
ミヤマタンポポを始めとする高山性のタンポポは東北には分布してません
((^o^;)もし東北の山で見かけたら、それはセイヨウタンポポが山を駆け上がったものと思って下さい)

ミヤマタンポポ Taraxacum alpicola
ヨツバシオガマ Pedicularis chamissonis var. japonica

いよいよ天狗の大下りです。ここから一気に300m近く降下します。
鎖や鉄梯子もあり、両手を使わないと危険なので写真撮影はしばし断念。

天狗の大下り。
奥にこれから登る不帰の岩山が見える。
撮影はここで一旦中止。
エーッ(^o^;)こんな岩山登るの!
その前に不帰のキレットにてひと休み。
目の前の切り立った岩山は不帰T峰。

不帰(かえらず)のキレットは2411m。
ここでは一旦、亜高山帯に戻ったのか、ダケカンバが現れ出しました。初秋に咲くトウヤクリンドウも蕾を持ち上げていました。
ここからまたしばらく険悪な痩せ尾根の伝い歩きが続きます。
ちょうど霧が出てきて、足下の風景をうまく隠してくれました((^^;)高所恐怖症の私には却って好都合でした)

不帰のキレットより下を望む。

やっとの思いで不帰T峰を越えたら、今度は黒い魔神のようなU峰が立ちはだかってました。
U峰を越えたら、V峰が・・・。
(^o^;)もういい加減にしてくれ!

不帰U峰
不帰U峰とV峰

V峰を越えたら、
おおおおお!やっと唐松岳が・・・

唐松岳(2696m)



次は6.唐松からの眺め

管理者注:本頁の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
(本頁は2009年1月23日にアップしました。)