小さなおばあちゃんの大きな大きな夢/お花畑
紫竹ガーデン・レポート5(完)

わずか半日で全部見て廻れるほど、このガーデンは生易しいものではない(一万八千坪)。
しかし・・・帰りの刻限も迫ってきた。他にも紹介したい花風景はいっぱいあるけど、ラストは宿根ボーダーで行ってみよう。
私が訪ねた日のボーダーは、偶々だったのか、あまり花が咲いてないように見えた。
されど一歩踏み出してみると、
セイヨウオダマキの一種 iku19さんに名前を尋ねたところ
ゲラニウム・オクソニアヌム `シェアウッド'
Geranium oxonianum `Sherwood`だそうです。
あるわあるわ。
ダイアンサスの一種

別のボーダーは
カンパニュラ・ラティフォリアCampanula latifolia スターキス・マクランサ(タ) Stachys macrantha
スターキス・マクランサ(タ) Stachys macranthaとエリンジウム Eryngiumの一種
ご覧の通り、紫やピンクの花達が盛りに近づいていた。
場所は少しずれるが、ボールと槍のような花を紹介。
アリウムは枯れ姿も好い。
サーモンピンクのエレムルスとコバルトのデルフィって相性よろしおますな。

再びボーダー。これで愈々ラスト・ボーダー。
手前の紫葉はスモークツリー
ん? (´π`; ナニナニ? 万歳してるみたい。

冒頭で述べた私の鬱症状だが、このガーデンに居る間は気にならなかった。
紫竹パワーの賜物だろうか。その後、私の気分は徐々に快方に向かって行った。
┬┴┬┴┤π`;) もっと長く居たい。出来たらずっと・・・

門番のビロモウに変身し、永遠に棲みつきたいくらいなのだが・・・

紫竹社長。またお会いしませう。(TπT;)/~~
モウズイカの紫竹ガーデン・レポート1 2 3 4 5
トップページに戻る
管理者注:本頁の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
(本頁は2007年8月4日にアップしました。)