2011年スプエフェ紀行
5月上旬・内陸はどうしたものか

待ちに待った大型連休。
個人的には、雪消えの遅い内陸部の本格スプエフェを愉しみにしていたのだが、連休前半はあいにくの荒天続き。
5月3日になり、やっと天候が持ち直した。
手始めは鳥海山麓。
やはり今年は雪が多い。
今日の鳥海山は黄砂のせいか少し霞んで見えた。

花はまだ早いかなと思っていたが、↑の鳥海山を撮影した反対側の土手斜面に小さな花筵を発見。
土手を駆け上がり、花を撮影しようとしたら、其処にはでかいシマヘビが少なくとも三匹は居た。
シュッ!シュッ!とカムトゲザー攻撃を仕掛けたが、逃げてくれない。冬眠から醒めたばかりなのか、えらく反応が鈍い。仕方なく、数枚写して退散。

蛇から逃げる途中、一面枯れ草に覆われた土手に黄色い花影を見つける。
近づいてみると、黄色の正体はフクジュソウだった。
(;´Д`)超ウブウブなフクちゃん
こちらも(^o^;)超ウブウブなフクちゃん キクザキイチゲもあった。こちらはキャピキャピ・モード。

児童期のフクジュソウ
同じ場所は、昨年4月下旬にも訪ねている(『鳥海山麓、田んぼの土手にフクちゃんを見た!』参照)
今年は5月3日でやっと同水準。と言うことは、約十日間は遅れていることになる。
遅れた理由は1月の豪雪もあるが、それ以上に3,4月の天候不順が影響している。

かと思うと、例年並みに季節が進行している場所もあった。
こちらは翌5月4日、能代市の某丘陵。
今年の秋田県北部地方は積雪が少なめだった。

カタクリの残花
(切れ込みのある葉はキクザキイチゲやアズマイチゲ)
キクザキイチゲの残花(青紫タイプ)
もはやカタクリやキクザキイチゲは終盤モードだった。
ここでは瑞々しい緑葉を愉しもう。
ニリンソウ
二輪一緒に咲くのは珍しいと聞く。
そして、ハシリドコロ。
ハシリドコロとニリンソウ

ハシリドコロの花アップ
厳密にはスプリング・エフェメラルではないが、
エンレイソウ

七枚葉の輪生はクルマバツクバネソウ。
上下にユキザサ。
蛇の胴体が突き出したようなマムシグサ。

この山はあちこちに巨岩が転がっている。
山腹の小道を歩くと、スミレやカタバミの仲間が多い。

コミヤマカタバミ

スミレサイシン。↑は一般的な、青紫花。↓は白花タイプ。

スミレサイシンと一緒に生えている三つ葉、四つ葉はツクバネソウの幼植物。
今日の天気だが、昼が近づくにつれ、だんだん怪しくなってきた。雨に濡れないうちに家へ帰ろう。

今年のスプエフェはこれで終わり
ではない。明日は晴れたら、岩手の西和賀町(旧・沢内村)に行くつもりである。乞うご期待。
次(沢内村)行くよ〜
裏庭トップに戻る
モガ狂トップに戻る
管理者注:本頁の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
(本頁は2011年5月7日にアップしました。)