2014年ロンリーハーツ植物紀行
2014スプエフェ巡礼/豪雪地花筵編

ここは5月連休明けの秋田県南某所。
標高200m程度の丘陵地帯の斜面だが、今頃やっとカタクリが咲き出していた。
先に報告済みの沿岸部秋田市や男鹿半島に較べると、優に一ヶ月以上、遅れているが、内陸の豪雪地帯では往々にしてあること。
待ち切れなくなったカタクリは残雪を突き破って芽吹いてる。
カタクリとアキタブキ

エゾエンゴサク改めオトメエンゴサク


こちらは5月連休明けの東成瀬村某所。先のレポート(豪雪地うぶうぶ編)よりは少し奥地になる。
標高はやはり200m程度だが、奥羽山脈脊梁にもろ接しており、豪雪地帯なので雪消えはすこぶる遅い。
このスポットは人家裏の段丘だが、カタクリの花筵やミズバショウ、山桜、春紅葉など早春の風物詩が一箇所に圧縮されていた。
土手斜面にはキクザキイチゲやカタクリ、土手下の小川にはミズバショウ。

ミズバショウ クリの木の下にはカタクリ。木の上にはヤドリギ。

カタクリ カタクリとオトメエンゴサク

落ちていた枝はヤドリギ。

キクザキイチゲとカタクリ蕾 今年出会ったキクザキイチゲとしては最も青かった。


この土手から少しだけ歩くと奥羽山脈脊梁斜面に突き当たる。
この斜面、何気に見上げて( ̄π ̄;吃驚。
スプエフェの花筵がどこまでも続いてるぅぅぅぅう!ワタシが今まで見た中では最大のスケール。
まだ咲き出して日が浅く、疎らな感もあるが、もう二、三日したらどんなにみごとな花筵になることだろう。
カタクリの大株


5月連休中、隣県岩手の西和賀町へも足を伸ばしている。
ここは特に雪消えが遅く、かたくり祭りの開かれる安ヶ沢地区(昨年の模様)などは5月連休中でも雪に埋もれ、中旬になってから咲き出すこともあるほどだが、
北部の「銀河の森」は標高400mと比較的高所にある割には開花が早い。
今回は花筵と呼ぶほど咲いてなかったので、花のコンビネーションにとどめる。
銀河の森の
カタクリとキクザキイチゲ
キクザキイチゲとエンレイソウ キクザキニリンソウ
かと思いきや単に二本が絡まったものでした。

これで今年のスプエフェはお仕舞い。
下の白いお山は帰りに雫石から見た秋田駒ケ岳。秋田側から見た姿とはだいぶ違う。
秋田駒ケ岳。岩手県雫石から望む。


行くよ〜
裏庭トップに戻る
モガ狂トップに戻る
管理者注:本頁の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
(本頁は2014年6月14日にアップしました。)