lapisさんが語る英国園芸の意外な真実:2008年版
小さな春の兆し/スノードロップの白いさざなみ(前奏曲)

29754.小さな春の兆し  スノードロップの白いさざなみ
lapis@イギリスはポカポカ陽気♪   2008年2月14日(木) 5時31分
ポカポカ陽気の土曜日(2/9)にチェルシー・フィジックガーデンの Snowdrop Days に出かけてきましたので、
寒〜い日本のみなさまにほんの少しだけ小さな春の兆しをお届けいたします。
(とは言うものの、東京の開花時期は1月中旬だったようですね)

フィジックガーデンは、ご存知の方も多いと思いますが、1673年ロンドン薬剤師協会(とでも言えばいいのでしょうか?)によって作られたロンドンで一番古いガーデンで、様々な薬用植物が栽培されています。
日本で言えば、薬草園と言ったところでしょうか。
そんなわけで、ここではスノードロップも薬用植物の一つとして栽培されています。

この薬草園は冬の間は閉園しているのですが、スノードロップの時期に二日間だけオープンになります。
大きな庭園に比べると、4エーカーと言うこじんまりした敷地ですが、100種以上のスノードロップが栽培されているとの事。(いったいどこに100種も植えてあるのかわかりませんでしたが)

今年は暖冬で、かなりの品種がすでに開花を終えていたのが残念でしたが、春を告げる最初の花をお楽しみくださいね。
29755.
Snowdrop Theatreと呼ばれるひな壇です。
オーリキュラのひな壇飾りがよく知られていますが、スノードロップもこんな展示の仕方がされるようです。
小さな「雪の耳飾り」が引き立つように、外側はスカイブルーですが、内側は黒いひな壇にダークブルーのカーテンです。
29756.
Galanthus `Anglesea Abbey'

29757.
Galanthus `Blond Inge'

29758.
Galanthus plicatus `Wendy's Gold '
首のところが黄色いスノードロップですね♪
29759.
Galanthus `Brenda Troyle'

29760.
Galanthus nivalis `Scharlokii'

29761.
Galanthus `Merlin'

29762.
Galanthus `Cordelia'
これだけが蕾でした。花は↓で確認してくださいね。
http://www.gapphotos.com/imagedetails.asp?imageno=14038
29763.
上段の方のは、逆光で中が暗いのと人が周りにいて手振れがひどくてうまく撮れませんでした。ひどいピンボケですがいくつか。ご勘弁を!
撮ったものの画像が流れてしまったものの中に可愛いのやレアものがあって残念でした。
Galanthus `Ginns Imperati' Galanthus `Ophelia'

29764.
ガーデンに地植えのものは、もう花が終わってしまっていたものが多くて残念!
Galanthus `S. Arnott'

29765.
名札の見つからないものや読み取れないものもあったのですが、これもご勘弁を。

29766.
名札がないとスノードロップの判定って、不可能ですよね。

29767.
Galanthus plicatus `Gerard Parker'

Galanthus `Magnet' (右写真)
29768.lapis@イギリスはポカポカ陽気♪   2月14日(木) 6時9分
帰宅してからパソコンに取り込んだら、この日撮った写真の後ろ半分がメチャメチャ画像になっていまして・・・カメラ壊れたみたいです。。。(-_-;)
翌日曜日バッテリーのチャージをしてカードを換えて、微かな希望を抱きながらスノードロップのヒミツの群生地に出かけたのですが。。。だめでした。(T_T)

シクラメンを撮ったころから、ピントが合わず四苦八苦しながら使っていたのですが。。。ピントが合わないのは、私の老眼のせいかしらと思っていたのですけれどねえ。。。。

と言うわけで、「スノードロップの白いさざなみ」はまたの機会に。
ポション。
29772.樹音@極寒   2月14日(木) 9時35分
lapisさん これはまた素晴らしいレポ ありがとうございます〜。。
スノドロ群生地が存在・・ 自生種なんですか〜(初めて知りましたわん)
いいですね〜 我スプエフェ群に混ぜたいかも、自生地ではどんな植物と共生なのか興味深々♪
勿の論 レポの品種達にも興味深々、・・だが、樹音に分かるのは緑の模様みたいのの色合いと形・・位だ(激爆)
八重のは明らかに解かるけんど(当たり前だが) 探究心&脳のひだが足りないなーと撃沈。

あっ、そーだ ひな壇のスノドロさん達、鉢が素焼きなのが好感♪ 素朴さの相性好いな。。

んんで、29766左は、はまうつぼさんのガッカリスレに参加資格有り??
29775.花菱@昼休み   2月14日(木) 12時45分
lapisさん
うひゃあ〜いいな、いいな(^^)
いかにも妖精で好きなんだけど〜消滅なんだよね(--;)

樹音さん樹音さんちのスノドロ
あれ、やっぱしそうだったんだ(^^;)
なんでもあるので、思い違いかなと思っていました。
29777.ムク@病み上がり   2月14日(木) 12時59分
lapisさん
アリガトゴザイマス♪
ひな壇カワイイ(≧ψψ≦)首が黄色い子もカワイイ!!

カメラ故障ですか?
お宝画像が沢山だったでしょうに・・もったいない。。
お見舞い申し上げます。
29779.樹音@極寒   2月14日(木) 14時7分
>あれ、やっぱしそうだったんだ(^^;)
>なんでもあるので、思い違いかなと・・・

ンンニャ 花菱さん 居るか、居ないか? って事かしらん?
居ますよ〜、だけんど普通!?(どれが普通?)のしか居ないですら、出来ますればヘパちゃんとかと混生させたい〜と妄想ちゅー。。
右写真は昨年春の開花状況。 
・・・(一部略)
29785.モウズイカ@ブリザード   2月14日(木) 21時59分
lapiさん。ありがとございました。詳しくはまた。
29795.lapis@エゲレスのバレンタインデーは、真紅のバラ   2月14日(木) 23時38分
樹音さん
イギリスやヨーロッパで普通に「スノードロップ」と呼ばれているものは、ガランサス ニヴァリス Galanthus nivalisで、
厳密に言うとイギリスが自生地ではないようですが、何世紀も前に持ち込まれたので、woodlandなどに群生している場所はけっこうありますよ♪
それと、庭園から逃げ出したものが広がっている場所もけっこうあるようです。
イギリスの気候や土がGalanthus nivalisに適しているのでしょうね。
そういうこともあって、英米のサイトではブリテン島自生などとかかれてある場合もあるようです。

>どんな植物と共生なのか興味深々♪
群生地では、woodland の谷間にスノードロップだけが天の川のように・・・と言うのが多いですけれど、
庭では同時期に花をつけるEranthis ( Winter Aconite)を一緒に植えることが多いですね。
それとこちらでは、レンテンローズなどもその頃に咲き始めるので一緒が多いようです。

画像はウィズリーの自生地風植栽。たぶん品種はGalanthus `Magnet'

29797.
花菱さん>いかにも妖精で好きなんだけど〜消滅なんだよね(--;)
ガランサス ニヴァリス Galanthus nivalisの場合、
こちらに来た頃は秋に100球単位で球根を植えてもなかなか増えないで消えてしまうので、難しいなあと思っていたのですが、
少し増えたところを株分けしてすぐに植え直すとよく増えることに気付きました。

後になって、こちらでは花後に売られる葉っぱのついた苗を植えつけるのが普通だと言う事を知り、なるほどなあと思った次第でした。
こちらでは、今の時期に 'in the green' と明記した広告が園芸雑誌やネットに登場するのが、それです。

日本ではスノードロップの名で売られているのはガランサス エルウェシイ Galanthus elwesii(トルコあたりが原産) が多いと聞いています。
理由は球根が乾燥に強いために扱いやすいからだそうなのですが、どうなのでしょうか。
29802.
ムクさん>ひな壇カワイイ(≧ψψ≦)首が黄色い子もカワイイ!!

ひな壇、ちょっと大袈裟にも思えますが、昔のイギリスはもっと寒かったらしいので、
春一番のスノードロップを待ち焦がれる気持ちが大きかったせいかもしれませんね。
それに、チューリップみたいに「スノードロップマニア」(言葉はちょっと違って、
マニアとは言わないのですが)みたいに流行した時代もあったらしいので、お金持ちは見せびらかしたかったのかもね。

黄色い子、私もだ〜い好きなのですが、庶民にはちょっと手が出ませんワ〜!
「目の保養」だけで〜す!♪
(黄色い子たちは、1球1万円以上なんてのもありますから!)
29807.ami@京都   2月15日(金) 0時17分
わあ♪すごいですね。
ひな壇のように飾るの、江戸時代のサクラソウみたいですね。
野にひっそりと咲くお花をひとつひとつお披露目舞台にあげたくなる園芸心は洋を問わずかしら。
でもその幕などタッセルなど、英国ですね〜。

地植えのかわいさ♪いいなぁ、いいなぁ、こんなとこ見たいです♪
ぽかぽか陽気の冬の陽光がなんともいいですね〜。
たくさんありがとうございます。
29825.樹音@極寒   2月15日(金) 13時32分
ウーン いいな〜〜 落葉の海に白い妖精達が団体で〜、確かに他の植物は微量(現在は)ですね。

>イギリスやヨーロッパで普通に「スノードロップ」と呼ばれているものは、ガランサス ニヴァリス Galanthus nivalisで、厳密に言うとイギリスが自生地ではないようですが
>日本ではスノードロップの名で売られているのはガランサス エルウェシイ Galanthus elwesii(トルコあたりが原産) が多いと聞いています。

フムフム 多分樹音んとこのはガランサス エルウェシイ Galanthus elwesii の方・・らしいですね。
天の川のように・・ うーん 素敵だ〜♪ 相性良いのはエランティスですか・・こちらも参照)
当地では開花期微妙にずれるんですよねん。
春球根物固めると夏場以降に空間になってしまうんで宿根との組み合わせが難い、試行錯誤なまま年だけ加算(笑)
こちらは樹音さんちのエランティス・チューベルゲニー Eranthis Tubergenii (昨年の春撮影)

29829.ムク@冬晴れ&鬼さむ   2008年2月15日(金) 15時24分
でぇーー( ̄(エ) ̄‖首が黄色いとそんなに高いんですかっ!?

いやぁ〜先日八重のスノードロップが好きになれないと書いて
小山さんに「そんなこたぁない」とレス戴いて、
そーか・・手元にないから好きになれないんだ!と、ちょっと買ってみようか?
と探してたら・・首の黄色い子を見た気がしたんですの。
間違いなく気のせいだな(=_=;)
┬┴┬┴┤π`;) 以下、省略スマソ
┬┴┬┴┤π`;) 2006年の秋、lapisさんがホームページ(BBS主体)を開きました。 → みどりのゆび Green Fingers

次(デルフィニウム)へ行くよ〜  2009年のスロードロップシアターはこちら
トップページに戻る
管理者注:本頁の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
(本頁は2008年2月23日にアップしました。)