アコガレの信州・高原のお花畑に迫る
霧ケ峰 嗚呼霧ケ峰 霧ケ峰の西端
2007/08/15 八島ヶ原湿原2

御射山(みさやま)が近づいてきた。
手前のハンゴンソウが一斉に咲いたらみごとだろな。
湿原に群生する羊歯はヤマドリゼンマイ。

咲き出したばかりのハンゴンソウ
キオンやコウリンカと同じキオン属 Senecio
此処のメタカラコウはほっそりとしている。
オタカラコウハンカイソウマルバダケブキトウゲブキ
と同じメタカラコウ属 Ligularia

湿原の向こうの山は鷲ヶ峰(1798m)。
こんなに高い所まで植林されているとは、ちょっと吃驚!

手前に咲くのはヨツバヒヨドリやノアザミ。

ハバヤマボクチ
東北では見られないアザミモドキ。
花の終わったこのセリ科はオオカサモチに違いない。
今年は摩周湖でも会ってる。
これは花の終わったグンナイフウロだろう。

クサフジ クサレダマ

八島ヶ原では、秋田の山野でも偶に見かけるけど、
なかなか写真に収められないでいる野草が当たり前に咲いていた。
ヤマオダマキ(キバナノヤマオダマキ) ナンバンハコ

フシグロセンノウ
湿原の縁の林の下で見つけた。
こちらはただのフシグロ

此処は湿り気があるせいか、
車山や八子ヶ峰よりも植物の種類は豊富な気がする(車山や八子ヶ峰とだぶった植物の多くは省略)


霧ケ峰の稜線の間から覗くまりもっこりは蓼科山。

八島ヶ原よ。さらば。


霧ケ峰(車山)1     八島ヶ原1 2  八子ヶ峰1   アルペンフロラ1  
次(フォッサマグナ岩山紀行)行くよ〜
裏庭トップに戻る
モガ狂トップに戻る
管理者注:本頁の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
(本頁は2008年12月24日にアップしました。)

モウズイカは何故こんなにカッコ悪いのだろうか?