アコガレの信州・高原のお花畑に迫る
{>(´π`)<}〃パタパタと浅葱斑舞う
2007/08/14 八子ヶ峰2

翌15日、訪ねた霧ケ峰に較べると、花は明らかに疎らである。
しかし人影はもっと疎らであり、私と家内だけでこの広い草原を独占したような気分だった。

奥の山小屋はアルビレオ

遠くに見えるのは霧ケ峰(車山)
花が疎らなのは笹が繁っているせいだろうか。
マルバダケブキ
マルバダケブキは北東北では珍しい花。
シシウドと並び、真夏の高原の王者のような風格があった。

キオン シラヤマギク
コウリンカ
コウリンカに出会ったのは、ここが生まれて初めてである。
最初の個体を見つけた時、「もう花は終わりごろかな。でも間に合って良かった。」なんて思ったが、これが最盛期の姿らしい^^;)
ヨツバヒヨドリ

ワレモコウ シュロソウ
キンバイソウ
キンバイソウは一見シナノキンバイに似るが、オレンジ色の細い花弁がオシベより長く突き出ている点で区別(外側の花弁のように見えるのは萼)
中部地方から伊吹山にかけて分布すると聞く。

向こうの山は北八・横岳

下りの道でもアサギマダラは {>(´π`)<}〃 パタパタ舞ってた。

車山から眺めた八子ヶ峰と北八つの連峰。2007/08/15
ここで冒頭の
>翌15日、訪ねた霧ケ峰に較べると、花は明らかに疎らである。
に関連して
27408.にこ@コーヒーと茶菓子を持って八子が峰   9月25日(火) 0時1分
もう様
おお!どこかで見た風景が・・・。
この写真を拡大すると、うちが写ってます。(多分)
八子が峰は以前は全く無名で「うちの庭」感覚でしょっちゅう登っていたのですが、
だんだん「山野草」とか「山と渓谷」とかに載ってから訪れる人が多くなり植物の盗掘も増え、なんだか悲しいですねぇ。
・・・

27426.もう@(^^♪ワンカップとオニギリを持って八子が峰   9月25日(火) 22時55分
(^_^;)27389.の写真(右)は、たぶん写ってるんじゃないかなと思って(BBSに)掲示したものです。

>八子が峰は以前は全く無名で「うちの庭」感覚でしょっちゅう登っていたのですが、だんだん「山野草」とか「山と渓谷」とかに載ってから訪れる人が多くなり植物の盗掘も増え、なんだか悲しいですねぇ。

後で八子ヶ峰の特集をやります(本頁のこと)が、車山に較べると花が疎らだと感じました。笹が繁ってるせいか、はたまた猛暑日照りのせいかなと思いましたが、盗掘も一因とは、(-_-;)残念な限りです。
・・・

27429.にこ@昔は天上の花園だった?八子が峰   9月25日(火) 23時27分
もう様、これは多分日本全国そうだと思いますが、蓼科の自然もどんどん衰退しています。昔は八子が峰は本当に花園パラダイスでしたが花がどんどん減ってきています。
霧が峰も八島湿原も凄い勢いで変わってきていて、花が少なくなりただの草原になっていったり、帰化植物に占領されてしまったり・・・。
八島湿原は毎年湿原の面積が小さくなり、霧が峰湿原も湿原が減りクマザサの草原になりつつあり、
今年数年ぶりに霧が峰湿原を訪れて、以前は一面に広がっていたシモツケソウが、ほんの僅かな部分にしか生えておらず、本当にショックでした。
それに加えて今年は2ヶ月も続いた梅雨と低温のせいでどこもお花は全然だめ、レンゲツツジもニッコウキスゲもマツムシソウも・・・悪かったです。
こうして大好きな自然の姿が変わっていくのを自分では止めようがないのが・・・とてもとても悲しいです・・。

27434.もう@(^^♪ワンカップとオニギリを持って八子が峰   9月26日(水) 20時51分
・・・にこさん
>八子が峰は以前は全く無名で「うちの庭」感覚でしょっちゅう登っていたのですが、
だんだん「山野草」とか「山と渓谷」とかに載ってから訪れる人が多くなり植物の盗掘も増え、なんだか悲しいですねぇ。

かつてはアツモリソウなども群れ咲いていたのかな。
以前、「趣味の山●草」や山渓の一部刊行物などで、花の名所を取り上げる時は、
必ずと言っていいほど特定のランや希少植物を載せていましたね
(実際は登山道を外れてかなり踏み込まなければ遭えないような代物まで)
読者数は少ないでしょうが、個人のホームページでも、こんなふうに場所がもろ特定できるスタイルで花を紹介するのは、止したほうがいいのかな。

以上、BBS「どんじゃら広場」より、一部改変の上、抜粋。


信州の高原お花畑シリーズ目次
霧ケ峰(車山)1     八島ヶ原1   八子ヶ峰1 2  アルペンフロラ1  
次(八島ヶ原)行くよ〜
裏庭トップに戻る
モガ狂トップに戻る
管理者注:本頁の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
(本頁は2007年9月29日にアップしました。)