2011年ロンリーハーツ植物紀行
7月16日、今度こそノハナショウブの出番だ。(1)

前回(7月2日)は洪水のようなアヤメの大群生に圧倒されたが、二週間後はどうなったか。
今回はほぼ予想通り、同じアヤメ科のノハナショウブ Iris ensata var. spontanea が咲き出していた。

アヤメに較べると、少し丈があり、花は紫色だった。
濃い紫の個体 ピンク色に近い個体
紫は株によって、濃淡があり、赤味の強いものもあった。
言うまでもなく園芸植物、ハナショウブの元になった植物である。
半月前、あれほど咲き誇っていたアヤメはどこに行ったのだろう。

2011/07/02 アヤメとシロアヤメの群生
ベゴに喰われてしまったのだろうか。
2011/07/16 上写真とほぼ同じ場所
よく見ると、ご覧の通り、実になっていた。
アヤメの実姿 ヤマトキソウ

半月前に較べると、花は寂しくなった感じだが、種類は増えている。ただし地味な花が多い。
カワラマツバ(アカネ科)
地味な花の多いヤエムグラ属としては、これでも綺麗な方。花色は白っぽいものから黄色っぽいものまで幅がある。

ウツボグサ
シソ科。花後、真夏に枯れるのでカコソウ(夏枯草)とも言う。

ウツボグサは子供の頃、田舎の道端などでよく見かけたものだが、最近はさっぱり・・・。
しかしここには豊富にあった。
ウツボグサとホタルブクロ ホタルブクロとエゾカワラナデシコ
ホタルブクロは何故か秋田では珍しいが、
岩手では低地の道端(高速道路ののり面など)から、このような高原まで広く分布している。
setton8さんによると、エゾカワラナデシコではないかとのこと。

この花はシソ科のようだ。
花はウツボグサよりずっと大きく、パステル系の花色と細く硬い葉が上品な感じ。
ムシャリンドウ Dracocephalum argunense
右下の枯れ花はニガナ。
ムシャリンドウとキリンソウ。
他にヤマオダマキやノアザミ、スズランなどが見える。

この花、うちにも鉢植えは有る(こちら)が、自然状態のものを見るのは今回が初めてだ。
数は極めて少ない。今回の公開がもとでこの高原から絶えることのないよう祈る。
キリンソウはベンケイソウ科(右側の枯れ花はマルバシモツケ)
今回、花の撮影をしていたら、高原の管理人、K氏(60歳代)と出会い、この高原の植物に関して興味深い話を伺うことが出来た。

●K氏が子供の頃、某高原は見渡す限りの草原だった。現在、シラカバやドイツトウヒの林になっているところも皆草原だった。
 当時は主に馬を養うための採草場所として利用されていた。
●オキナグサやアズマギクは、昔もっともっと多かった。数年前、80個もの花をつけるオキナグサの大株を見つけたが、すぐに盗掘された。
 盗掘は依然として多い。最近は山菜(ワラビ)採りを装った主婦による盗掘が多い。注意すると、(^o^;)知らなかったとかなんとか言い訳し、逆切れするので始末におえない。
 数年前、盛岡郊外のスーパーで山草市が開かれていたが、売りに出ていた植物は全てここから盗掘されたものであった。
●現在、火入れや採草、放牧はしていない。従って、樹木の侵入が多くなってきた。自分を含めた少数の管理人が樹木を間引いたり、ササ刈りを行っているが、
 森林化に対してはあまりにも非力である。

ここで見られる植物(低木〜草本)の来歴を、K氏の話などをもとに再構成してみた。
本来の草原要素と思われるもの オキナグサ、アズマギク、フデリンドウ、スミレ類、ミツバツチグリ、キンポウゲ、ヒメイズイ、スズラン、レンゲツツジ、アヤメ、シロアヤメ、ワラビ、ヤマオダマキ、オオダイコンソウ、ナワシロイチゴ、ノイバラ、ニガナ、コウゾリナ、ノアザミ、ノハナショウブ、キリンソウ、カワラマツバ、ウツボグサ、シモツケ、ヤナギラン、クガイソウ、オカトラノオ、トリアシショウマ、キンミズヒキ、ゲンノショウコ、ヨツバヒヨドリ、アキカラマツ、カセンソウ、ノコギリソウ、ヤマハハコ、ツリガネニンジン、キキョウ、ススキ、オミナエシ、タムラソウ、ヤマハギ、オオヨモギ、ハナイカリ、ゴマナ、ノコンギク、アキノキリンソウ、トウヒレン属の一種、リンドウなど
亜高山帯要素 ハクサンシャクナゲ、ミネヤナギ、マルバシモツケ、ベニバナイチヤクソウ、ネバリノギランなど
湿原の要素 レンゲツツジ、ズミ(?)、ホザキシモツケ、クサレダマ、ミソハギ
かつて高原を往来した牛の糞に由来 ハマナス
比較的近年、牧草として導入されたもの オオアワガエリ(チモシー)、カモガヤ(オーチャードグラス)、アカツメクサ、セイヨウミヤコグサなど
近年の遊歩道整備の折り、導入されたもの アヤメ(?)、シロアヤメ(?)、レンゲツツジ(?)、キレンゲツツジ、シモツケ、シモツケの黄金葉品種(?)、アラゲハンゴンソウなど

K氏いわく、ハマナスは昔から有ったが、アヤメやキレンゲツツジ、シモツケの黄金葉品種は昔は無かったように記憶している。
20〜30年前、遊歩道が整備されたが、その折に当時の施工業者によって植え付けられたのかもしれないとのこと。
ただしアヤメやシロアヤメについてはわからない。植栽だとしたら、わずか20〜30年であれほど広範囲に増え広がるものだろうか。
それとも、元からあったが、開花期間が極めて短いので見過ごされていたとか。今の時代、そんなことはあるだろうか。
2011/06/19 キレンゲツツジ

2011/07/16 シモツケとその黄金葉品種 2011/07/16 ノハナショウブと帰化植物のフランスギク


行くよ〜
裏庭トップに戻る
モガ狂トップに戻る
管理者注:本頁の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
(本頁は2011年7月30日にアップしました。)