2018年ロンリーハーツ植物紀行
5月16日、ユキツバキ咲く白木峠へ。

白木峠なんて言ってもご存じないと思うが、岩手秋田県境にある高さ602mの低山(白木山とも言う)で
古い峠道が走っている。

今回歩いたコースは赤い破線。

変哲無い里山かと思いきや、
ここは国内でも有数のユキツバキ群生地だった。
ユキツバキ


峠道を歩き出してほどなくそれは咲いており、場所によっては椿のトンネルになっていた。



ユキツバキの落花 ヒメアオキ(実)


更に進むと、気持ちの良いミズナラ林に変わる。
一本杉

ここの一本杉は立派だった。
この杉の少し手前、左側にミズバショウが群生する湿原が現れる。

少し盛りを過ぎていたが、それはみごとな群生。

草花は・・・
濃色のスミレサイシン

カタクリやキクザキイチゲなどのスプリングエフェメラルは盛りを過ぎていた。
もう一週間くらい早ければ花筵のように咲いていたことだろう。
山頂が近づくと、エンゴサクの花が多くなった。
オトメエンゴサクとカタクリ

オトメエンゴサク

このオトメエンゴサクは紅味が強かった。 ミヤマスミレの斑入りタイプ


スギ林を抜けたら、峠の頂上だった。
白木峠頂上

西側(横手方面)を望む。

南西方向には南郷岳、大日向山の重なり

南東方向の眺め

南東方向には三森山や焼石岳、南には栗駒山などが見える筈だが、
今日は視程が悪く、さっぱり。

この後、女神山を訪ねた帰り道、視程がやや回復。県境(国道107号線)から三森山だけは見ることが出来た。
県境(国道107号線)から見た三森山

この日はこの後、女神山に向かった。


次(女神山)へ行く。
裏庭トップに戻る
モガ狂トップに戻る
管理者注:本頁の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
(本頁は2018年6月15日にアップしました。)