2018年ロンリーハーツ植物紀行
早春の白神山地山麓

3月24日、青森の大間越にフクジュソウを観に行く。昔は斜面が黄色に染まるほど咲いていたと聞くが、
今は前世紀末の乱獲ですっかり減ってしまい、この通りパラパラ。
2018/03/24 フクジュソウの群生地

2018/03/24 フクジュソウ 2018/03/24 フクジュソウ

2018/03/24 フクジュソウ

この日はフクジュソウ以外に咲いてる花は無かった。
まだ春が浅すぎたようだ。
2018/03/24 カタクリの蕾

2018/03/24 バッケは咲いてた。 2018/03/24 これはトリカブトの芽出し。


前回(3月24日)、訪ねた折りはフクジュソウしか咲いてなかった。他の花も見たいので、
6日後の3月30日に再び訪ねてみた。この日は晴天で白神山地の山々もよく見えた。
2018/03/30 能代市郊外から白神岳(右に向白神岳)を眺める。

八森漁港手前から白神山地を眺めると、段丘地形がみごとだ。
2018/03/30 八森漁港入り口付近から。左の小山は糠森山。

八森漁港を過ぎる時、一瞬だが白神のマッターホルン?、真瀬岳が見える。
2018/03/30 真瀬岳(988m) 

県境を越えると海岸風景が素晴らしい。
2018/03/30 県境付近から青森県側を眺める。
奥の半島先端は艫作崎。

さらに北上すると、白神橋で一瞬、白神岳が見える。
2018/03/30 白神岳

少し南に戻り、大間越のフクジュソウ群生地へ。
2018/03/30 大間越のフクジュソウ群生地

この日のフクジュソウはすっかり成熟モードだった。
2018/03/30 フクジュソウ  2018/03/30 トリカブトの若芽 

フクジュソウの他にはトリカブトの芽吹きが多かった。それはとてもみずみずしくて美味しそうだが・・・。(-_-;)
こんなキノコも有った。
2018/03/30 シロキツネノサカズキモドキ Microstoma floccosa var. macrospora

シロキツネノサカズキモドキのアップ。 オトメエンゴサク Corydalis fukuharae

オトメエンゴサクは男鹿のものと較べると花付きがしょぼかった。
エリアによっては、白花ばかり。
2018/03/30 オトメエンゴサク Corydalis fukuharae (白花)

秋田側に戻り、御所の台という低山に登ってみる。
2018/03/30
御所の台から八森漁港を見下ろす。 

この山にフクジュソウは無いが、
早く咲き出した花たちを少し。
カタクリ Erythronium japonicum キクザキイチゲ Anemone pseudoaltaica

2018/03/30
アズマイチゲ Anemone raddeana 
2018/03/30
ミチノクエンゴサク Corydalis orthoceras 

ここのものは赤味がほとんど無いコバルトブルーだった。

このところ山に行ったら草花だけでなく樹木も見るようにしている。
晩秋や早春の季節は、広葉樹が葉を落としているので樹形がわかりやすい。


とは言ってもこの木は凄まじい生え方だった。
2018/03/30
昔の怪獣ビオランテを想像した。 


次(山形のとあるお山)へ行く。
裏庭トップに戻る
モガ狂トップに戻る
管理者注:本頁の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
(本頁は2018年4月20日にアップしました。)