2014年ロンリーハーツ植物紀行
9月中旬、千の沼を訪ねて(3)

(本頁は『9月中旬、千の沼を訪ねて(2)』の続きです)
千沼ヶ原の奥の方はなだらかな三角山(1418m)の針葉樹林に縁取られ、北欧のような風景が広がっている。



草紅葉はこんがりと焼き上がっていた。
赤味の強いところはキンコウカが優占。


東には大きく岩手山。

ミヤマアキノキリンソウ コバギボウシやサワギキョウの花は終わっていた。


キンコウカ ニッコウキスゲの実モード

奥の山は左から、源太ヶ岳、三石山 1466m。
いくら素晴らしい景色だと言っても
いつまでも此処(千沼ヶ原)に居られるものではない。
千沼ヶ原隣の雪田性草原。
奥の山は左から、八幡平 1614m、大深岳 1541m、源太ヶ岳、三石山 1466m、大松倉山 1408m。

登りはしないが、隣の乳頭山にもご挨拶。

乳頭山 1473m

アップで見ると、乳頭山の山頂部は岩壁そのもの。
再び笊森山に登り返す。

西側を望むと荷葉岳 1254m

笊森山からロング&ワインディング・ロードを引き返す。
帰りはさすがに誰にも会わなかった。
私のように千沼ヶ原だけで同じ道を往復する人は稀なのだろう(みんな乳頭山を越えて乳頭温泉の方に降りて行ったのか)。
めざすは湯森山と秋田駒

キンコウカの草紅葉とエゾオヤマリンドウ

笹森山まで戻ってきた。来し方を振り返ると
右から湯森山 1472m、笊森山 1541m、そして左端が乳頭山 1473m。

登山基地のアルパこまくさに降りたら、日も暮れかかっていた。
2014/09/15
田沢湖方面を見下ろす。奥の富士山型は鳥海山。


次(月山・・・)行くよ〜
裏庭トップに戻る
モガ狂トップに戻る
管理者注:本頁の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
(本頁は2014年11月15日にアップしました。)