2014年ロンリーハーツ植物紀行
9月中旬、千の沼を訪ねて(2)

(本頁は『9月中旬、千の沼を訪ねて(1)』の続きです)
憧れの千沼ヶ原はまだ遠い。

 (´π`; 依然として笊森山のダラダラ登りが続く。

それでも新鮮な紅葉に励まされながら歩いていると、
低木林はいつのまにかハイマツの樹海?へと変わっていた。
這い性の針葉樹はもう一種。
ミヤマネズ(ヒノキ科) こちらは針葉樹にあらず。
ツツジ科のガンコウラン。

草花は・・・とよく見ると『高嶺の花』ばかりじゃないか。
丸い葉はタカネスミレ、細く白っぽい葉はミヤマウスユキソウ。
いつかこの花たちが咲く初夏にも訪れたいものだ。

この米粒のように細かい葉のマットはイワウメだろうか。
マット上には
ゴゼンタチバナやハクサンシャクナゲ、ヒカゲノカズラの仲間などが生えている。

ネバリノギランの草紅葉 笊森山の頂標。
標高1541mと書いてある。

笊森山の山頂に到着したら、
東側に千沼ヶ原が俯瞰出来るようになった。


多くの皆さんは乳頭をめざすが、私は原をめざし、約170mを駆け下りて行く。

途中に咲いていた花たち
ミヤマリンドウ

エゾオヤマリンドウ

ダイモンジソウ ヨツバシオガマの残花

オオカメノキ(ムシカリ)の紅葉

やっと千沼ヶ原・・・。
此の地の標高は約1370m。
ちなみに歩き出した秋田駒八合目が約1300mだから、 (´π`; 僅か70m程度しか高くなっていないことになる。


湿原越しに岩手山を望む。
奥の方に進んでみる。
ミツガシワの生えている池塘。
背景の山は今、駆け下りてきた笊森山。

草紅葉のあんばいが好くなって来た。
(まだ続きあり)

行くよ〜
裏庭トップに戻る
モガ狂トップに戻る
管理者注:本頁の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
(本頁は2014年11月8日にアップしました。)