モコの海岸物語/原生花園へのアコガレ
深浦オクトパスG2、男鹿への道

(前頁の続き)
行合崎(ゆきあいざき)の突端まで行ったら、撫子が強風に揺れていた。
北東方向に見えるこの二山は
左は飯森山(710m)、右は桝形山(820m)と思われる。
手前の草むらにはカワラナデシコ、ツリガネニンジン、イブキボウフウなどが疎らに咲いていた。
ここで少し花から離れ、
深浦海岸(行合崎や森山海岸など)の景色を愉しんでみよう。
おやっ(;゚Д゚) もしかして女性かな
と思い、望遠レンズに変えたら
(^o^;)男だった。

行合崎の海はどう見ても美しい。
夏場、天候さえ恵まれたら、南の珊瑚礁の海にも引けを取らないだろう。
海風を満喫し、行合崎を去ろうとしたその時
北の方から列車がやって来た。
線路は五能線 リゾートしらかみ「くまげら」だーっ!
続いて、森山海岸。
今日は天気が良いので
白神山地がよく見えるけど
連峰の盟主、白神岳の山頂部は雲を被ったままだった。
こちらは象岩
この小船はガンガラ洞見学専用とのこと。
船着場の後ろにはクサフジが群生。
秋田との県境が近づくと、南の沖合いに島影が見えるようになった。
チコギ崎(秋田県八峰町)より男鹿半島を望む。
左のちっこいのが寒風山、右のでかいのが本山。入道崎は右端で切れている。


次なる♪岬めぐりは男鹿半島、入道崎だ。
入道崎灯台
男鹿半島も海岸植物は豊富だ。
今回はその北西の突端、入道崎(にゅうどうざき)を訪ねてみた。深浦の行合崎同様、気持ちのいい草原が広がっている。
カワラナデシコ
ツリガネニンジン
磯に下りてみよう。


へ続く
裏庭トップに戻る
モガ狂トップに戻る
管理者注:本頁の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
(本頁は2009年8月30日にアップしました。)