スプエフェ三昧2009 西和賀編2

4月29日というのに、安ヶ沢地区はまだ少し早かった。
もうひとつの花スポット、大荒沢地区はどうだろう。向かう途中、和賀岳らしき山並みが素晴らしかった。
左が和賀岳(1440m)、右は高下岳(こうげだけ)(1322m)。高下橋付近より。
2009/04/29
付近の田んぼの土手はまだフキノトウ期。
ここのフキの葉はやけに黒っぽい。
2009/04/29
大荒沢地区は安ヶ沢地区よりも北に位置し、標高も高い。
入口はご覧の通り、枯れススキばかりだから、カタクリはまだ咲いてないだろ
大荒沢のカタクリ群生地入口から高下岳(こうげだけ)を望む。
2009/04/29
と思ったら、(`◇´)大間違ーい!
2009/04/29 2009/04/29
2009/04/29
2009/04/29
もう宴は┌(・。・)┘♪└(・。・)┐♪┌(・。・)┘ ♪始まっていた。
キクザキイチゲ。
この個体は花がでかく、ブルーも濃かった。
五百円玉はご褒美、ではなく比較の為に置いた。
2009/04/29
白花のキクザキイチゲとカタクリ
2009/04/29
カタクリ
2009/04/29
このキクザキイチゲは紅味が強かった。
2009/04/29
この蕾はスミレサイシン
2009/04/29
他の踊り子達も紹介しよう。
エゾエンゴサクは咲き始めたばかり。
2009/04/29
テカテカ光るのはオオウバユリ(芽だし)
2009/04/29
スプエフェ有るところにナニワズ有り。
2009/04/29
お花畑の魔女エンレイソウ
2009/04/29
ここ大荒沢地区では、安ヶ沢のようにマゼンタの花色地平線は見られないが、それを補って余りあるものがある。
とにかくいろんな花達が程よく混じって咲くのだ。
2009/04/29
西和賀は奥地(北)に行くほど、開けてくる。
最奥(北)の平地は標高約400m、貝沢野と言う地名があるが、最近はリゾート地『沢内銀河高原』として売り出し中。
貝沢野から眺めた高下岳(1322m)や大荒沢岳(1313m)の連なり。
水田の向こうにはリンドウ畑が広がる。
2009/04/29
新しく出来た山伏峠のトンネルを抜けたら、そこは雫石町。
やがて目の前に現れた白い山は
岩手山(2040m)。
2009/04/29
岩手のシンボル、岩手山。
天気に恵まれたら、この地には国内屈指の山岳風景が展開する。
次(秋田の西成瀬)へ行くよ〜
裏庭トップに戻る
モガ狂トップに戻る
管理者注:本頁の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
(本頁は2009年5月5日にアップしました。)