2013年ロンリーハーツ植物紀行
シラネアオイとサンカヨウ

今日(2013年6月16日)、北秋田市にある森吉山に行って参りました。
かつてこの山に登ったのは1987年なので、ナント!26年ぶりと言うことになります。
近場にあるといつでも登れると思うせいか、つい間遠になってしまいます。
登る途中、素晴らしい花の群生に出くわし、感激しました。

森吉山本体

これが感激・・・のシーンです。
シラネアオイの根元にザゼンソウが葉を広げてます。


この光景はゴンドラ駅を降りてほどなく目にしたものです。
森吉山は昔(1987年)、全く同時期に様田のコースから登ったのですが、その時は何故かシラネアオイの記憶がほとんどありません。
今回はその後に出来た阿仁スキー場のゴンドラに乗って別ルートからのアタックですが、
こんなにシラネアオイが豊富だとは知りませんでした。

次いで、こちらは樹林帯の登山道を歩き出していきなり出会ったものです。


最初は観光客のためにわざと植えたのかと思ったほどです。
一緒に咲いている黄色いスミレはオオ( ̄も ̄;)☆\バキスミレ。
オオバキスミレ

登山道を歩き出しても、シラネアオイはほとんど切れ目なく咲いていました。

シラネアオイ Glaucidium palmatum は、日本固有種で天涯孤独、一科一属一種とも言われますが、秋田ではけっして珍しい花ではありません。
ちょっと山深いところに行けば、ブナ林の中や傾斜地などにひっそりと咲いているものなのですが、
この山のような群生や大株にはなかなか遭えないものです。
この花の詳細なプロフィールや低山での様子は旧作「君はシラネアオイを見たか」を参照されたし。



ここにはオーソドックスな薄紫(この花の色は何と表現したらいいのか。)のほかに白や濃い紫もありました。
これらの花が来年も、再来年も十年後も見られますように。
(`◇´)山鳥さん。ゼッタイ抜いちゃダメよ。
白花タイプ

濃色タイプ 濃色タイプの蕾

花の終わったシラネアオイ
茎から出る葉は三枚、下二枚は掌状に切れ込み、柄があるが、上の一枚は丸くて小さく柄が無い。

シラネアオイの行列が途絶えた先は、ご覧の通り、ビッシリと雪で覆われていました。
ここのアオモリトドマツは冬場、みごとな樹氷に変身するとのこと。

シラネアオイ以外に咲いていた花たち
ノウゴウイチゴ
(実は美味しく食べられます)
ツバメオモト
(青い実がなります)

何だか地味な白花ばかりになってしまいました。
森吉山の標高は1454mと低いものの、高山植物の豊富な山であり、他の花たちはまたいずれかの機会に。

今回、期待していたもうひとつの花、サンカヨウは登山道脇には見出せませんでしたが、
ゴンドラに乗ったら、足下にいっぱい群生しておりました。



6月下旬、八幡平の山中(標高1000m付近)でサンカヨウの群生に遭遇しました。
シラネアオイによく似た草姿で、葉だけ見たら、混同してしまいそうですが、実はもっと紛らわしい植物があるんです。

モミジカラマツ(キンポウゲ科)の葉は
葉の感じがシラネアオイやサンカヨウとよく似ている。
白い花と手前の葉はサンカヨウ。
奥の切れ込みの深い葉はモミジカラマツ。

私は見たことはないが、エリアによっては切れ込みの深いサンカヨウもあるとのこと。
そうなるとモミジカラマツやシラネアオイと更に区別しにくくなる。

群生と言いながら、シラネアオイのようにドバーッと咲く姿をお見せできないのは残念です。
この花は葉に比して、花が小さく、しかも花つきも良くないので、群生で写すと葉ばかりになってしまいます。
花の見ごたえの点ではシラネアオイにはとても敵いませんが、個人的にはこういった楚々とした花や佇まいが好きです。
サンカヨウ Diphylleia grayi はシラネアオイと同じような場所(ブナ林の下など)に生えますが、秋田ではやや深山(里山の反対)や雪の深い場所を好む傾向があります。
科は異なり、メギ科(ナンテンやイカリソウの仲間)で、サンカヨウ属としては、中国、日本(主に日本海側)、サハリン、北米の一部に分布しています。

サンカヨウの花のアップ
     近縁のハッカクレン Podophyllum pleianthum
原産は中国。ユニークな葉を愉しむため、
園芸利用される。芽だしはサンカヨウとそっくり。

葉はでかいのが二枚だけ(属名のDiphylleia は「二枚の葉」の意味)。
葉の形は広腎形で上の方の葉は柄が無い。
右下の白いのはミズバショウの苞。
蕾の頃の姿。
芽だしの時はもっとめんこいのですが、
 (´π`; 現在は手餅無し。そのうち、きっと・・・

シラネアオイとサンカヨウ。
私が晩春初夏に雪の残る山を訪ね歩くのは、この花たちが目当てなのかもしれません。

行くよ〜
裏庭トップに戻る
モガ狂トップに戻る
管理者注:本頁の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
(本頁は2013年7月13日にアップしました。)