真夏の八幡平・大場谷地(後編)

折角なので、
ディープな湿原構成種を紹介してみる。
ワタスゲ。タネが旅立つ瞬間。
2008/07/21
低層湿原のヌシ=アゼスゲ?
2008/07/21
ミタケスゲ
2008/07/21
大昔、学生時代に環境庁(現在の環境省)から頼まれて尾瀬の湿原を復元すると言う崇高なる事業に関わった(実は(^o^;)単なるアルバイト)
その時、私は初めてミタケスゲを知った。踏み付けられて真っ黒な土俵(元・湿原)に、当時よく蒔かれていたのがミタケスゲをはじめとしたカヤツリグサ科のタネだった。
私のバイトはこれらの草達の生え具合を記録することだった。

なんやかんや言っても湿原はカヤツリグサ科やイネ科植物(場所によってはミズゴケやミツガシワの根っこ)から出来ている。
こういった地味で物言わぬ植物達が湿原のベースとなり、景観をつくっているのだ。
「湿原=お花畑」と勘違いされてる向きもあるが、現実はそんなに単純なものではない。
「黒花狼牙」と書くと怖そうな感じだが
クロバナロウゲ Potentilla palustris
意外だがキジムシロやミヤマキンバイと同じ属。
2008/07/25
2008/07/21
実物は何も怖くはないし、アップにしてもキレイと言うわけでもない。
しかしチョコレートのような花色は野草には珍しい。

他にも地味な花には事欠かなかった。
これはコバノトンボソウでいいのかな。
2008/07/21
タテヤマリンドウの実姿
2008/07/21
オトギリソウとアカバナの仲間
2008/07/21


続いて、大場谷地に隣接する
屁くさい場所(硫気孔地帯)で出会った植物を幾つか。
チョコレート色のしっぽのようなヤマタヌキラン?
「ラン」の仲間ではない。ミタケスゲやアゼスゲなどと同じく
スゲ Carex の仲間
2008/07/25
アカモノ(右)とモウセンゴケ
2008/07/25
硫気孔の傍にモウセンゴケが生えていたのには吃驚した。
2008/07/25

再び湿原に戻って
東北の高山特産のワレモコウ=シロバナトウウチソウ
かと思ったが、花が下から咲きあがっている。
ということは、ナガボノシロワレモコウか?
2008/07/25
大沼湿原のやちまなこ(池塘)。
2008/07/25
これは紅葉ではない。
高層湿原のモウセンゴケ@大沼湿原
ここのベースはミズゴケだ。
2008/07/25

また大場谷地に戻って、夏姿のミズバショウに挨拶。
2008/07/25

サワフタギの若い実は緑色だった。
2008/07/25
秋の準備は着々と進んでいるようだ。
2008/07/21
次に行くのは8月末か9月はじめかな。
次(セプテンバー青)行くよ〜
裏庭トップに戻る
モガ狂トップに戻る
管理者注:本頁の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
(本頁は2008年8月1日にアップしました。)