真夏の八幡平・大場谷地(前編)

「初夏の大場谷地シリーズ 2.白は残念だったけど、黄色は・・・」
ラストで予告した通り、今年のモウズイカは真夏に二度も大場谷地を訪ねてしまった(7月21日と25日)。
2008/07/21
コバイケイソウの葉はチョコレート色に変わっていた。
2008/07/21
2008/07/21 この悩ましげなポーズのセリ科は
アンジェリカ(シシウド属)の何かだろう。
2008/07/21
さすがにこの季節になると花は少なかった。(^^;)それ以上に人も少なかった。
2008/07/21
それでも奥の方に行ったら、
コバギボウシ(タチギボウシ)の穂花が涼しげに立ち上がっていた。
コバギボウシ(タチギボウシ)
花は紫味が強くて綺麗
2008/07/21
ノハラアザミ
此処では、里よりも一足も二足も早く開花する。
2008/07/21
ミズギク
まだ咲き出したばかり。
2008/07/25
コバギボウシ(タチギボウシ)をリプライズ。
手前の丸っこい実はニッコウキスゲ
2008/07/21

淡いピンクのモハモハは
オニシモツケ
2008/07/25
オニシモツケの群生
2008/07/21
モミジカラマツ
2008/07/21

ヤマブキショウマ
2008/07/21

手前はモミジカラマツの群生。背景は焼山火山。
2008/07/21

次(後編)行くよ〜
裏庭トップに戻る
モガ狂トップに戻る
管理者注:本頁の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
(本頁は2008年8月1日にアップしました。)