2012年ロンリーハーツ植物紀行
春を追いかけて〜大場谷地・雪中水芭ショー(1)

例年ならば、4月から5月にかけては、あちこちの山あいを訪ね、カタクリやイチゲ類などスプエフェの花筵を愉しむところだが、
今年のその時期の休日は揃いも揃って天候が最悪。結局、何処にも行けないでしまった。

それからしばらく経って・・・
5月27日(日曜日)は好天に恵まれた。
山の上、標高1000mくらいのところならまだ春が留まっているかもしれん。
久しぶりに八幡平・大場谷地をめざすことにした。
大場谷地 2012/05/27


途中、こんな光景に出くわしたが、
皆さん、何なのかわかるかな。

答えは少し後にして次の光景は
ダム湖面に山の新緑が映っている様子を切り取ったもの。
水の色が異様に青いのは、玉川温泉の毒水(pH1.1)とそれを中和する為に加えた石灰のせいだ。
この水を引いたため、田沢湖のクニマスは絶滅した。
鎧畑(よろいばた)ダム湖
この写真は縦にしないことにした。
そろそろお気づきだろう。
二枚目の写真はダム湖に映った山の写真を時計回りに90度回転させたものだ。

湖面に山や空がこんなに綺麗に映ることはそうはない。今日は特別に条件に恵まれたようだ。
玉川ダム湖(宝仙湖)。真ん中の山は男神山(859m)。
その右陰の緩やかな山の懐に大場谷地がある。
大場谷地はこのダム湖の上流、1000mくらいの高さにある。

玉川温泉(今年2月、雪崩で岩盤浴客が亡くなったところ)を過ぎる頃、
ブナの樹海の向こうに一瞬だが優美な雪山が見えた。
森吉山 1454m

いよいよ大場谷地。残雪がどっさりだった。
こんな状況下で春の女神は居るのだろうか。
木道を進んで行くと
(^^♪居た。居た。
更に進むと、ほら。


中ほどの緑葉はコバイケイソウ


ここのミズバショウは新鮮そのものだった。
そういえば、尾瀬もちょうど今頃が見ごろだったはず。秋田ではその気になれば、4月から7月までの長期間、あちこちで水芭ショーを愉しめる。
行くよ〜
裏庭トップに戻る
モガ狂トップに戻る
管理者注:本頁の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
(本頁は2012年6月9日にアップしました。)