大場谷地・セプテンバー青(鳥兜編)

まんだまんだ他にも花は咲いていた。
次なる御仁はキリタンポ
のような花。サラシナショウマ。
低地では薄暗い林の陰に身を潜めているが、大場谷地くらいの高所になると、明るい草原のど真ん中にも出てくる。
左奥にちらりと見えるブルーは
鳥兜(トリカブト)。厳密にはオクトリカブトか。
この花と竜胆を見たら、気分はモウ十分に秋。
湿原もそろそろ草紅葉の準備にかかっている。
バックは焼山火山
本格的な紅葉まであと一ヶ月。
早くも色づいたムシカリ(オオカメノキ)
サワフタギの実(一ヵ月後にはこうなる) 

一ヵ月後の大場谷地、未来予想図 ⇒ こちら


大場谷地からの帰り道、平地にある某湿原に寄ってみた。
此処は秋田県内では数少ないサギソウの群生地だが、今の時期は咲いていない。目的は別の花にあった。
ヒョロヒョロ花つきの疎らなサワシロギク
サワギキョウ
大場谷地では見られなかったもうひとつのセプテンバー・ブルー、サワギキョウがこの湿原にはあった。
この湿原は極めて栄養が乏しいので、ひょろひょろした個体ばかり。開花までいったい何年かかっているものやら。
サワギキョウとキンコウカ 北国に多いナガボノシロワレモコウ
株元のキンコウカが色づきだした。
湿原の秋は近い。
次(竜ヶ原湿原)行くよ〜
裏庭トップに戻る
モガ狂トップに戻る
管理者注:本頁の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
(本頁は2008年9月13日にアップしました。)