男鹿のリングメラル/2006年4月(2)

カタクリだけがスプリング・エフェメラルではない。
白くチラホラ咲くのは・・・
キクザキイチゲ Anemone pseudo-altaica

他所では薄青紫の花もあるが、此処では
白ばかりだった。

ミチノクエンゴサク Corydalis capillipes
花の長さは10ミリ程度と小さい。
エンゴサクの仲間については♪藍のコリダもご覧あれ。
エンレイソウ Trillium apetalon
地上部は秋まで残るので、厳密にはスプリング・エフェメラル
とは言い難い。詳細はこちら

スミレサイシン Viola vaginata 
スミレの仲間も地上部は秋まで残る(種類によっては枯れずに越冬する)。
厳密にはスプリング・エフェメラルとは言い難いが、同時期によく見かける。

ナガハシスミレ(テングスミレ) Viola rostrata
(詳細はこちら)とカタクリ、キクザキイチゲ。
キバナノアマナ(バックはカタクリ)
うっかり忘れていたが、
キバナノアマナ Gagea lutea も典型的なスプエフェだった。
キバナノアマナの群生

よく見るとキバナノアマナの
手前や右にヒメニラがいっぱい咲いている。

カタクリ以外にシュロソウ(アオヤギソウ)やエンレイソウ、フクジュソウの葉も見える。
2006/04/15


次(1989〜90年)へ行く
裏庭トップページ 園芸トップページ に戻る

(本頁は2006年5月5日にアップしました。)