男鹿三山の花図鑑4.晩夏・秋編

(本頁は「男鹿三山の花図鑑3」の続きです。)

【晩夏、秋に咲く花】

秋めいてくると新たな花が咲き出す。

キツネノカミソリ Lycoris sanguinea
五社堂の下に多い。
2019/08/24
ツリガネニンジン
Adenophora triphylla var. japonica
2019/08/24

ソバナ Adenophora remotiflora
2019/08/24

オトコエシ Patrinia villosa
オミナエシは東斜面で見かけた。
2019/08/24

ミヤマセンキュウ Conioselinum filicinum だろうか。
2019/09/04
モミジガサ Parasenecio delphiniifolius
山菜(シドケ)として有名。
2019/08/24

ヒヨドリジョウゴ Solanum lyratum
2019/08/24

ミヤマウズラ Goodyera schlechtendaliana
2019/08/24
コイチヨウラン Ephippianthus schmidtii
遊歩道沿いに多ぃ。男鹿では7月下旬頃から咲き出す。
2019/08/02

トチバニンジン(チクセツニンジン) Panax japonicus の実
初夏に咲く花は極めて地味だが、実は暗い林の中でもよく目立つ。
2019/09/04

トチバニンジンの実の一部が黒くなるタイプを「ソウシシヨウニンジン(相思子様人参) 」と呼ぶと友人から教えられる。
なんとも味わい深い呼び名だ。
男鹿で見たものはほとんどがこのタイプだった。

秋はキク科の草花ばかり。特に五社堂の上の坂道は量が多い。

シラヤマギク Aster scaber
2019/09/04
ゴマナ Aster glehnii
2018/09/15

タムラソウ(タマボウキ)
Serratula coronata subsp.
insularis
2018/09/15
オガアザミ Cirsium horiianum
男鹿の固有種の一つ。花は小さく冴えない。
2019/09/04

オガコウモリ Parasenecio ogamontanus
男鹿の固有種の一つ。
2018/09/15
トガヒゴタイ Saussurea muramatsui
男鹿で発見された花の一つ。花は地味だ。
2019/10/02

キク科以外の草花。

サラシナショウマ Cimicifuga simplex
2018/09/15

ナンバンハコベ
Cucubalus baccifer var. japonicus
2018/09/15
ギンリョウソウモドキ(アキノギンリョウソウ)
Monotropa uniflora
2018/09/15

ミズヒキ Persicaria filiformis
2019/10/02
ダイモンジソウ Saxifraga fortunei var. incisolobata
2018/09/15

男鹿の山にリンドウの仲間は見当たらなかったが、青紫系はトリカブトが多かった。

オクトリカブト Aconitum japonicum ssp. subcuneatum
2019/10/02

キオン Senecio nemorensis
真夏から咲いている。これは一旦、刈り払いされ、
その後、脇芽が生長して
咲いたもの。
2019/11/10
ノコンギク Aster microcephalus var. ovatus
とアキノキリンソウ Solidago virgaurea var. asiatica
2019/10/02

ヤマハッカ Rabdosia inflexa
2019/10/02
オヤマボクチ Synurus pungens
2019/10/02

毛無山山頂付近のミズナラ。もしかしたら、
ミヤマナラ Quercusmongolica var. undulatifolia かもしれない。
2019/10/20



へ行く。
裏庭トップに戻る
モガ狂トップに戻る
管理者注:本頁の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
(本頁は2020年2月18日にアップしました。)